#author("2021-10-03T18:32:00+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-10-10T19:30:38+09:00","default:pop hok","pop hok")
*人民のための計算法 [#kf45440a]
チュチェ68(1979)年4月のある日、偉大な金正日総書記臨席の下、協議会が開かれました。議案は、当時の''ピョンヤン製パン・製菓工場''に新しい工程を短期間に増設することでした。

総書記は、製パン・製菓工場をスケール大きく建てたものの、酵母工程を取り付けなかったので、人民と子供たちに美味しくて栄養価の高い食品をより多く作って供給できずにいる、と言いました。そして、新しい工程を短期間に建てるつもりだが、みなの考えはどうかと聞きました。

誰も答える人がいませんでした。

当時、朝鮮労働党第6回大会を前に、国では多くのモニュメントが建てられていましたが、どこでも多くの労力と資材が求められていました。ある人が国の事情にかんがみて工場の建設をやや先送りしてはと言いました。

しばらく考え込んでいた総書記は、もちろん、工場を1つ建設するにしても打算をすべきだが、なにごとにもソロバンをはじいてはならない、ソロバンだけはじいては人民に何1つやって上げることができない、と言いました。

そして、人々は損をする商売はしてはならないとよく言うが、人民のためなら損な商売もすべきだ、人民の幸せな生活のためなら国の資金を残らずつぎ込んででもやるべきだとし、酵母工場は資金が多くかかっても直ちに建てるべきだと強調しました。

人民のためなら損得の打算をしてはならない、まさにこれが''人民のための金正日総書記の計算法''でした。

(偉人伝)

#ref(IKE190415004_444.jpg,wrap,177x120)

RIGHT:'''2019年の記事'''
LEFT:[[人民のための「計算方法」]]
#br
#br
LEFT:[[チルゴルねじりドーナツ]]、[[自分のもの]]、[[初年度から]]、[[人民のための「計算方法」]]、[[日増しに発展する朝鮮の食品工業]]、[[品質向上が第一]]
LEFT:[[チルゴルねじりドーナツ]]、[[自分のもの]]、[[初年度から]]、[[人民のための「計算方法」]]、[[日増しに発展する朝鮮の食品工業]]、[[品質向上が第一]]、[[労働党の計算方法]]
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(偉人伝 2019.05.16)
//190522_人民のための計算法



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS