#author("2019-01-30T12:28:01+09:00","default:pop hok","pop hok")
*人民にもっと良質の布地を与えようと [#l2ccb094]
朝鮮のピョンアン北道((平安北道(평안북도)))にある''パクチョン絹織り物工場''は国中に広く知られた工場です。

ここで生産されるビロードや「''マアンサン''」ブランドの毛布は人民の好評を博しています。チュチェ37(1948)年8月に操業した工場では絹織り物の種類を増やしながら、毎年、生産で成果を収めています。

チュチェ89(2000)年6月、この工場を訪れた偉大な金正日総書記は共和国の絹地の生産で大きな役割を果たす工場だとし、偉大な金日成主席が現地指導の際に与えた教えに従って計画を毎年、上回って達成してきたことを高く評価しました。

総書記は衣服の問題を解決するのは食の問題に劣らず重要な2大部門の1つだとし、人民により良質の服を作ってあげるのは朝鮮労働党の確固たる決心で意志だと言いました。そして布地の生産を高い水準で正常化するための対策も講じました。

総書記はビロードの生産に必要な設備を近代化し、それに合わせて労働者の技術技能水準を高めることについても詳しく教えました。工場では生産能力を著しく高め、全ての生産工程を新しい技術装備に変えました。そして近代的な設備に精通するための技術の学習会を常時行って労働者の技術技能水準をぐんと高めました。

チュチェ96(2007)年3月、総書記は工場をまたもや訪れました。各生産工程と共に新設された「マアンサン」ブランドの毛布の生産工程を見た総書記は、良質の布地と毛布をより多く生産するのは人民生活の向上に直結する重要なことだとし、絹地の生産に大きな力を入れて、衣服の問題の解決で転機を迎えるべきだと言いました。

そして、工場の労働者、技術者が創意工夫の精神と愛国的献身の精神を発揮して、人民に良質の絹地と毛布を多く生産し、供給することで人民の真の奉仕者としての栄誉ある使命と任務を全うすべきだと言いました。

工場の支配人''キム・ヨンナム''さんはこう語ります。
>「2回も工場を訪れた金正日総書記は、工場で生産される製品の質を改善するため心を砕きました。総書記はビロードの生地を量産して花嫁たちに与えるべきだとし、全身を汗で濡らしながら生産工程をつぶさに見ました。そして生地の質感も調べ、品質改善のための方途も示しました。今もその日の総書記の写真を仰ぐたびに熱いものがこみ上げてくるのを抑え切れません。人民にもっと良質の布地を与えようと労苦の限りを尽くした総書記の献身のことが忘れられません」

パクチョン絹織り物工場の人たちは工場に秘められた金正日総書記の不滅の業績を末永く伝えるでしょう。

(偉人伝)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE181220006_001.jpg,wrap,185x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE181220006_002.jpg,wrap,170x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2019年の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(偉人伝 2019.01.29)



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS