#author("2018-11-03T16:05:55+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2020-09-30T08:02:02+09:00","default:pop hok","pop hok")
*世界の平和を脅かしている日本の海外膨張の野望 [#wa85a773]
日本で軍国主義の亡霊を蘇らせようとの動きが相次いでいます。

先日、日本の超党派議員70人が靖国神社を参拝しました。今年に入って3度目の集団参拝です。これに先立ち安倍は自衛隊の観閲式で「政治家の責任」を云々し、憲法に自衛隊の存在を明記しようとの企みをまたもや顕にしました。日本でのこうした動きは、二十世紀に破滅した軍国主義の亡霊を蘇らせて海外膨張の儚い夢を実現しようとの好戦的な妄動で、国際社会がこれを懸念しています。

問題は安倍集団のこれら全ての政策が、日本の社会を右傾化・軍国化して海外侵略の道を開く事に志向(指向)されている事です。第二次世界大戦の時に悪名を馳せた軍国主義の頭である東条等A級戦犯の位牌が保管されている靖国神社は、アジアと世界の人々の憎悪と排撃の的となっています。こうした所に日本の閣僚達と国会議員が集団的に参拝するのは戦争に躍起になった者達を愛国者・英雄に様変わりさせ、これを通じて日本の人々、分けても新しい世代を軍国主義の思想で飼い馴らす事により再侵略の為の戦争に矢鱈と飛び込む突撃隊に利用しようとのものです。

安倍が国際社会の非難を躱そうと〓〓〓の訪問の形で数年間も間接的な参拝をしていますが、形の如何に関係なく参拝の本質は変わる事がなく、心底に潜んでいる再侵略の企みを覆い隠す事が出来ません。再侵略の思想と精神の土台づくりが、靖国神社の参拝を続ける日本の反動勢力の究極の目的なのです。安倍集団が執拗に兼行する憲法改悪もやはり単なる文章の修正に止まる問題ではなく、軍国化と海外膨張の法的基盤を完備しようとの極めて危険な行為です。

それでAP等外信は、「安倍が自分の悲願である憲法改正を実現しようとの野望を公然と曝け出した」と評しています。二十世紀、朝鮮をはじめアジアの人々に言い知れぬ不幸と苦痛を強いた日本が今、軍国主義・再侵略の道を突っ走っているのは決して黙認出来ない事です。日本の反動勢力の無謀極まりない行動は朝鮮半島はもとより北東アジア、引いては世界の平和と安全を危うくしています。
それでAP等外信は、「安倍が自分の悲願である憲法改正を実現しようとの野望を公然と曝け出した」と評しています。二十世紀、朝鮮をはじめアジアの人々に言い知れぬ不幸と苦痛を強いた日本が今、軍国主義・再侵略の道を突っ走っているのは決して黙認出来ない事です。日本の反動勢力の無謀極まりない行動は朝鮮半島はもとより北東アジア、延いては世界の平和と安全を危うくしています。

国際社会は戦犯国日本の海外膨張の野望を絶対傍観しないでしょう。

(時事評論)

RIGHT:'''2018.11.02 サイト音声再生不可、短波放送聞き書き、一部不明'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(時事評論)
//(181102 サイト音声再生不可)
//181102_世界の平和を脅かしている日本の海外膨張の野望



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS