#author("2021-08-08T19:25:14+09:00","default:pop hok","pop hok")
*一人の生徒の命と夢を守って [#pdbbb931]
今年6月のことです。ピョンヤンにあるキムマンユ病院((金萬有病院(キムマニュびょういん、김만유병원)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)にある総合病院。'''(Wikipedia)'''))に意識不明の一人の生徒が運ばれて来ました。ピョンヤン外国語学院在学中の''ファン・グァンイル''さんでした。大学を受験するため朝早くキムチョルチュ師範大学に行って倒れたのです。

検査の後、カンファレンスが行われましたが、一刻でも手術が遅れれば命が危ない状態でした。病院に駆けつけた学院の先生たちはファンさんのことで気をもみました。大学で学んで必ず立派な教師になると頑張っていたファンさんでした。医局では真摯なカンファレンスが続いていました。

腹部外科の医師''チョ・イェリム''さんはこう語ります。
>「私たちにとってクァンイル君((クァンイル君? グァンイル君?))は単なる患者ではありませんでした。みながわが子のように思われましてね。受験を控えた子が倒れたのに、手を拱いている親なんていないでしょう。みな治療を受けながら入学試験が可能な方途を模索しました」

すべての科目を受験できる方向で手術案が立てられました。生徒の命だけでなく、未来にまで責任を持つ医師たちの熱い思いがあって、翌日の午後、手術は成功しました。郊外に住んでいるファンさんの両親が病院に駆けつけると、息子は手術が終わり、深い眠りについていました。教師からその間の話を聞いた両親の目からとめどなく涙が流れました。しかし、どれほど多くの人が息子のため気を揉んでいたかはまだ知りませんでした。

初の受験の日の朝早く、ピョンヤン外国語学院の院長が病院に来ました。ファンさんと一緒に試験場に行くとのことでした。また、キムチョルチュ師範大学の学長を初め教職員も試験の全期間、ファンさんのことに思いを寄せました。クラスメートも受験準備で火急な中にも、時間を割いて見舞いに訪れ、その父兄もファンさんの治療に関心を向けました。同じ部屋の患者たちも試験場に行くファンさんを励ましの言葉で見送り、ご馳走も用意しました。このように多くの人たちの思いやりの中、ファンさんは入院状態で6日間の入学試験を受けました。

農場で働くファンさんの親は、息子に寄せられた熱い人間愛の話をしたためた手紙を朝鮮の声放送宛に送りました。手紙はこう書いています。

>「他人のために自分を惜しみなく捧げ、その親となり、肉親となる美談についてよく耳にしました。でも、じかに体験し、実に胸が熱くなりました。この社会主義制度が世界で一番です」

(今日の朝鮮)

#ref(ike210714003_001.jpg,wrap,174x120)

RIGHT:'''2021.08.07の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(今日の朝鮮)



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS