#author("2020-11-16T19:59:14+09:00","default:pop hok","pop hok")
*リム・ジェと「裁かれるねずみ」 [#z0d8ebf9]
''リム・ジェ''は1392年から1910年まで存続した朝鮮封建王朝時代の有名な文人です。 1549年に生まれ、1587年に没しました。

大らかで朗らかな性格だったリム・ジェは旅が好きでした。旅をする過程に国の美しい自然を鑑賞し、歴史の足跡をたどり、庶民の辛い境遇と貧しい暮らしについても知りました。

生活体験を通じて、リム・ジェは封建儒教教育を受け、官職にも就いた身でありましたが、当代の不合理な現実を批判的に受けいれました。リム・ジェは自分のこうした思想が込められた詩と小説を書きましたが、「''裁かれるねずみ''」はその代表的な小説です。

''社会科学院チュチェ文学研究所''の研究者''ハン・インヨン''さんのお話です。
>「小説では裁かれるねずみと様々な動植物の擬人化によって、国の財産を蕩尽し、私利私欲に明け暮れる貪欲な官吏たちと、腐りきった封建支配層を風諭しています」

小説は大きいねずみが一族を携えて、国の米倉に忍び寄り、10数年間もそこに巣を構えて穀物を食い荒らし、倉の神に見つかって審問を受けることから始まります。ねずみの輩が食い荒らした穀物は膨大な量で、米倉は空っぽ同然になりました。にもかかわらず、大きいねずみは罪を謝るどころか、裁判官となった倉の神に多くの動植物を自分の犯罪をそそのかしたものとして告発します。こうして、およそ80種以上の動植物が犯罪に巻き込まれ、獄に繋がれて審問を受けます。小説は様々な植物と獣、鳥類に対する大きいねずみの告発と巻き添えを食った動植物の反駁、裁判官の尋問で構成され、やがて、大きいねずみの罪が赤裸々に暴かれ、処刑されることで締めくくられています。

小説で大きいねずみは狡猾であくどい貪欲な官吏を、裁判官を務める倉の神は決断力に乏しい無能な封建支配層をあらわしたものです。小説は擬人化した多くの動植物を登場させて、当代社会の不正な面を各面から見せ、批判したことで寓話小説としての特色が生かされています。擬人化手法の巧みな適用、機知に富んだ言語表現と昔話、ことわざなどの適切な導入などで表現力のリアルさが相当の水準に達しています。

こうしたことから、古典小説「裁かれるねずみ」は中世の朝鮮の寓話小説の代表格となっています。

(観光)

#ref(ike201006046_001.jpg,wrap,156x120)

RIGHT:'''2020年の記事'''
LEFT:[[古典小説「裁かれるねずみ」]]、[[古典小説「裁かれるねずみ」とリムジェ]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(観光 2020.11.15)



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS