#author("2017-04-15T20:00:05+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2019-09-26T17:43:48+09:00","default:pop hok","pop hok")
*永明寺寺の狛犬 [#zdc7c878]
#ref(IKE160803025_12.jpg,wrap,around,right,140x220)
ヨンミョン寺((永明寺(ヨンミョンサ、영명사)))は、ピョンヤンの中庭、モラン峰((牡丹峰(모란봉)))にあった''コグリョ''、高句麗時代の寺です。コグリョは、紀元前277年から紀元668年まで東方の千年強国として名を馳せました。
ヨンミョン寺((ヨンミョンサ、永明寺(영명사)))は、ピョンヤンの中庭、モラン峰((モランボン、牡丹峰(모란봉)))にあった''コグリョ''、高句麗時代の寺です。コグリョは、紀元前277年から紀元668年まで東方の千年強国として名を馳せました。

ヨンミョン寺は、1950年代のアメリカの侵略を退ける朝鮮人民の祖国解放戦争の時、アメリカの空爆によって焼け落ち、址だけが残っています。また、寺の狛犬が今に残っていますが、これにコグリョ時代の石加工術が垣間見られます。

''社会科学院歴史研究所''の研究者''キム・ソンホ''さんのお話です。
>「ヨンミョン寺の狛犬は、花崗岩を加工して、前足を立てて座る獅子の形をした石像です。かっと見開いた目、口を開けたまま顎をもたげた頭、張り出した胸と頑丈な足、獅子の勇猛さと力が良く表れています。猛獣の特徴を生かして、細部を省き、大胆でシンプルなタッチで趣向を凝らしたこの石像は、コグリョの人たちの勇猛さと意志を表しています」

今、寺の狛犬は二つ残っていますが、高さはそれぞれ84.5センチ、88センチです。

ヨンミョン寺の狛犬は昔の姿そのままに保存されています。
#clear

RIGHT:'''2016年の記事'''
LEFT:[[コグリョ(高句麗)]]
#br
----
#include(朝鮮の声放送/vok_navi01,notitle)
#include(vok_navi01,notitle)


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS