#author("2019-05-30T11:37:51+09:00","default:pop hok","pop hok")
*延豊科学者休養所にまつわる話 [#w8eb5edb]
朝鮮中部にあるヨンプン湖の湖畔に科学者のための休養所があります。休養所には宿舎と総合サービス施設、憩いの場、散歩道、多用途の野外グラウンド、釣り場など生活に必要なもの一切が揃っています。

メインの建物である総合サービス施設だけを見ても、食事室、宴会場はもちろん、理髪室、美容室、電子図書室、カンファレンス室、ビデオの上映室などがモダンな造りで揃っています。宿舎の内部も高級ホテル顔負けで、多用途の野外グラウンドも思う存分運動ができるよう工夫が凝らされています。

この休養所は自然エネルギーを利用し、地熱による冷暖房システムを取り入れています。休養所は湖畔の風光明媚な景色と見事にマッチし、一幅の絵を見るようです。

毎年、多くの科学者がこの休養所でくつろぎの一時を送っています。見事に建てられたこの''ヨンプン科学者休養所''にも、敬愛する最高指導者金正恩委員長の熱い思いやりが込められています。

''国家科学院生物工学分院''の''キム・チュンエ''主任のお話です。
>「2014年1月、国家科学院を訪れ、国の科学発展の詳しいビジョンを示した金正恩委員長が、科学者と共に記念撮影を終えて発つ時、私たちは帰途につくとばかり思っていました。ところが、その足で科学者のための休養所の用地に見立てたヨンプン湖に向かったのです。委員長の車が先頭で走りましたが、土埃にまみれて車体すらろくに見分けられないほどでした。狭くて険しい道を走っていた車が分かれ道にさしかかると、委員長が自ら地図を見て運転手に道を示しました。そのため長時間走って目的地に着きました。その時、落ち葉が積もった険しい道を歩み、雑木林をかき分けた委員長の靴と服は埃だらけになっていました。この日、金正恩委員長は、手にした建築予想案と現地のヨンプン湖の湖畔を笑みを湛えて眺め、ここは科学者休養所としてはもってこいの場所だと言いました。そして、長時間かけて、休養所の設計と建材保障、建設チームに至るまで詳しい教えを与えました」

建設の最中に又もや現場を訪れたときは、すべての条件と環境を最高の水準で整えた休養所が完工すれば科学者たちがとても喜ぶだろう、科学者たちがここで心行くまで休み、科学研究で積もった疲れをとるならそれに越したことがないと言った金正恩委員長でした。

チュチェ103(2014)年10月、完工した休養所を訪れた金正恩委員長は、ヨンプン科学者休養所は偉大な金日成主席と偉大な金正日総書記の崇高な意にのっとり、労働党が科学者に与える金の座布団だとし、ここで思う存分楽しむ科学者の姿を思い浮かべるのか、明るい笑みを湛えました。

このようにヨンプン科学者休養所は科学者のためなら何も惜しまない金正恩委員長のエネルギッシュな指導と細やかな思いやりによって建てられました。

(今日の朝鮮)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike190415005_001.jpg,wrap,180x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike190415005_002.jpg,wrap,180x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2019年の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(今日の朝鮮 2019.05.29)

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS