#author("2017-04-14T22:26:08+09:00","default:pop hok","pop hok")
*妙香山モモンガ [#yd7660e8]
モモンガは、朝鮮特産の亜種動物です。住み家は、針葉樹と広葉樹が入り混じった林の樹木のほら穴です。ムクドリやキツツキの古い巣に住む時もあります。夜行性で、飛膜を十分に開いて滑降します。その距離は30から50メートルですが、木の高いところから斜め下方に滑り降りる時は80メートルも飛びます。

餌は季節によって違います。主に、ヤナギ、カエデの樹皮や芽、若葉とマツ、エゾマツ、トウシラベの実を食べ、冬はゴヨウマツ、ハンノキの実を食べます。1年に一度子をはらみ、ふつう1腹4匹を産みます。

ミョヒャン山((妙香山(みょうこうさん、묘향산)は、北朝鮮中部にある山並の総称で、平安北道の香山郡、平安南道の寧遠郡、慈江道の熙川市の交わる一帯に広がっている。面積は375平方キロメートル、周囲の延長は128キロメートルほど。最高峰の毘盧峰は海抜 1,909メートル。妙香山は北朝鮮でも有数の観光地で、登山客や団体観光客らが多くあるハイキング道を歩いて山並みや峡谷や森林の美しさを楽しんでいる。また海外からの賓客の定番の観光地になっている。妙香山の観光地区は、「上元洞」、「萬瀑洞」、「毘盧峰」の三つの地区に分かれている。'''(Wikipedia)'''))は朝鮮で代表的なモモンガの生息地です。''ミョヒャン山モモンガ''は共和国の天然記念物に指定されています。

RIGHT:'''2016年の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS