#author("2020-05-03T14:22:43+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2020-05-25T13:57:14+09:00","default:pop hok","pop hok")
*ペクトゥ山地域のユニークな地質構造(4) [#ufb906aa]
朝鮮のペクトゥ山地域には噴火作用によって造られたユニークな地質構造が多くあります。

ペクトゥの滝はペクトゥ山((白頭山(백두산)))の主峰であるチャングン峰((将軍峰(장군봉)))から南東側に約2キロメートル離れたところにあります。幅0.8メートルのこの滝はペクトゥ火山の噴出の際、何度も吹き出た溶岩が谷間沿いに流れて階段ができ、つくられました。滝の下には滝水によって出来た楕円形の滝つぼがあります。周囲20.1メートル、最大水深0.75メートルです。春には珍しい高山地帯の花々が絶壁を美しく飾り、もみじの秋にはツララが垂れ下がって、高山草原の景色に彩を添えています。そして、冬、滝の表面は凍り付いても空洞の中を轟音を立てながら流れ落ちる水、また見ものです。

ペクトゥの滝から東の方に約1キロメートルのところに2つの滝が並んでいますが、これを兄弟の意味のヒョンジェの滝と言います。幅は1.5~2メートルです。カルデラ湖のチョンジ((天池(천지)))に源を発している泉が水源なので水量は豊かです。殆ど垂直になっている絶壁から流れ落ちる水によって、当たり一面、靄に包まれるその光景はため息の連発です。滝の下には深さ1メートル、周囲10メートルほどの滝つぼがあります。

サギムンの滝はペクトゥの滝の周辺にある3段の滝です。第1段の高さは6.7メートル、第2段の高さは4メートル、第3段の高さは7.2メートルです。チョンジに源を発する泉の水が谷間に沿って流れ、岸壁から落ちています。滝の下には周囲約11メートルの滝つぼがあります。

リミョンスの滝((鯉明水の滝、鯉明水瀑布(리명수폭포)))は朝鮮の北西部を流れるアムノク川の支流であるリミョン水の岸辺にあります。2段階の地下水の滝で、幅は27メートルです。幾筋もの本流があり、その合間を無数の流れが数珠繋ぎのように流れ落ちています。季節によって景色が異なりますが、中でも指折りのものは冬の雪景色です。奇妙な形の氷と溶け合って絶え間なく流れ落ちる滝、周りにたなびく靄、白い樹氷の花など、リミョンスの滝は珍しい地下水の滝として天然記念物に指定されています。

(観光)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200312031_001.jpg,wrap,160x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200312031_002.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200312031_003.jpg,wrap,158x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200312031_004.jpg,wrap,144x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2020年の記事'''
#br
LEFT:[[ペクトゥ山地域の地質学的特長]]、[[ペクトゥ山地域のユニークな地質構造(1)]]、[[ペクトゥ山地域のユニークな地質構造(2)]]、[[ペクトゥ山地域のユニークな地質構造(3)]]、[[ペクトゥ山地域のユニークな地質構造(5)]]
LEFT:[[ペクトゥ山地域の地質学的特長]]、[[ペクトゥ山地域のユニークな地質構造(1)]]、[[ペクトゥ山地域のユニークな地質構造(2)]]、[[ペクトゥ山地域のユニークな地質構造(3)]]、[[ペクトゥ山地域のユニークな地質構造(5)]]、[[ペクトゥ山地域のユニークな地質構造(6)]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(観光 2020.04.12)
//200524_ペクトゥ山地域のユニークな地質構造(4)


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS