#author("2017-03-30T22:10:23+09:00","default:pop hok","pop hok")
#attach
#author("2017-03-30T22:11:19+09:00","default:pop hok","pop hok")
*ニューオープンしたヘダンファ館 [#lecc56c2]
''各種サービス施設、料理人養成施設も''

【平壌発=姜イルク】

今月3日にオープンしたヘダンファ(ハマナス)館(平壌市大同江区域)に、多くの市民や海外同胞、外国人たちが訪れている。

ヘダンファ館は、浴場やサウナ、プール、レストラン、ショップなどからなる総合サービス施設である。

一方で、通常のサービス施設とは違って料理人養成施設も完備されている。

運営時間は午前10時から夜12時まで。コーヒーショップは24時間営業している。

**スマートなインテリア [#k05216d2]
大同江沿いに位置するヘダンファ館は6階建ての建物だ。

1階に総合受付案内とショップ、8つの食事室、2階に2つの宴会場と鉄板焼き店、10余りの食事室、3階に浴場とプール、4階にサウナや休憩室、売店、トレーニングジム、卓球場、プールバー、理髪及び美容室、エステルーム、マッサージルーム、5階に料理の電子図書閲覧室、講義室、料理実習室、6階にコーヒーショップがある。

ヘダンファ館内部にはスマートなインテリアが施されている。一つひとつが丁寧な手仕事によるものだ。

食事室には、ハマナス、クロフネツツジ、野菊、タンポポ、百日紅(サルスベリ)などの花の名がつけられていて、名前の特性が生かされたインテリアが施されている。

照明には鳥の巣、柳の実などが象られており、天井や壁面、床なども独特な造りとなっている。

らせん階段でつながる3、4階の浴場、プール、サウナ、マッサージルームなどもクオリティーが高い。

ヘダンファ館には地熱水による冷暖房システムが導入されており、浴場や食堂厨房等の温水もこのシステムによるものだ。

労働新聞や平壌新聞をはじめ国内の新聞や朝鮮中央テレビは、「ヘダンファ館の設計や施工は新しい時代のニーズに沿うものであり、どこに出しても遜色ない」として大々的に紹介している。

**サービス内容も最高級 [#t453967a]
ヘダンファ館の経営者は、これまで中国やオランダで「ヘダンファ」という名の食堂を運営して、朝鮮料理や民族の料理文化を広く宣伝してきた。国内にサービス施設を展開したのは今回が初めてだ。

現在ヘダンファ館では189種の朝鮮料理、世界の料理を提供しており、メニューには朝鮮語とともに英語、中国語も併記されている。

料理の食材には、各種海産物や補身湯用の犬肉、鹿、カエル、スッポン、キャビアなど山海の珍味を多く使っているため、価格は全般的にほかの店より高めに設定されている。

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(he001.jpg,wrap,180x120,fig01,外観)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(he002.jpg,wrap,180x120,fig02,6階にあるコーヒーショップ)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(he003.jpg,wrap,180x120,fig03,3階にあるプール)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(he004.jpg,wrap,180x120,fig04,2階に「タンポポ」という食事室)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''(朝鮮新報 2013.05.15)'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//http://chosonsinbo.com/jp/2013/05/0515ry02/


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS