#author("2017-04-05T11:40:01+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-02-20T18:25:50+09:00","default:pop hok","pop hok")
*正方山 [#af144c6d]
''チョンバン山''は朝鮮中部のファンヘ北道((黄海北道(황해북도)))サリウォン市((沙里院市(사리원시)))にあります。標高481メートルの山で、山の頂が正方形に連なっていることから正方の山、チョンバン山と呼ばれています。

奇妙な形の峰峰と奇岩絶壁が聳え立ち、咲き乱れる花々と鬱蒼とした森林が美しい景色を織り成しています。それでチョンバン山は名山として有名です。チョンバン山は周辺の山々に比べて高いばかりでなく、広々としたチェリョン平野の上に聳え、くっきりと浮かんで見えます。

百花繚乱の春と緑濃い夏、紅葉に染まる秋は、チョンバン山独特の景色です。山には松を基本に、くぬぎ、かえで、おのおれ、山梨、桃のような高木とおおやまれんげ、つつじ、くろふねつつじなどの低木が育っています。特に、今頃は朝鮮の国花のモンラン、おおやまれんげの花が満開になる時期で、このモンランの花がチョンバン山の絶景に彩りを添えています。ノロシカとアナグマ、タヌキ、リス、キジなどの動物も棲息しています。

チョンバン山には古跡も多くあります。山の頂には918年から1392年まで存続した''コリョ''、高麗時代の''チョンバン山城''があり、山城の中には9世紀に建てられたソンブルというお寺((成佛寺(성불사)))があります。
チョンバン山には古跡も多くあります。山の頂には918年から1392年まで存続した''コリョ''、高麗時代の''チョンバン山城''があり、山城の中には9世紀に建てられた''ソンブルというお寺''((成佛寺(성불사)))があります。

チョンバン山は勤労者の憩いの場に、公園になっています。

RIGHT:'''2016年の記事'''
LEFT:[[コリョ(高麗)]]、[[チョンバン山城]]
LEFT:[[コリョ(高麗)]]、[[チョンバン山城]]、[[ソンブル寺]]、[[ソンブル寺記績碑]]
#br
----
#include(朝鮮の声放送/vok_navi01,notitle)
#include(vok_navi01,notitle)


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS