#author("2017-03-11T22:45:06+09:00","default:pop hok","pop hok")
*秋夕の食べ物の風習 [#cfc0bf7a]
''チュソク''と言いますと旧の8月15日のことです。今年は9月27日です。漢字で書きますと''秋の夕べ''、つまり、満月の明るい秋の夕べを楽しむということです。

チュソクの日の主な礼式は、先祖のお墓参りでした。昔から、朝鮮人民は秋の取入れを前にして、この日に新米で餅や団子などを作って、先祖のお墓参りをするのを当然の道義とみなしていました。取り入れを前にしてまず、その年の穀物で作った料理をご先祖様に一番先にお供えするということですね。

民族色濃い祝日であるチュソクは先に逝った人たちを思い起こしたりする日ばかりでなく、豊作の喜びを楽しむ日でもありました。豊かな秋に迎える祝日なのでチュソクの食べ物はいっそうにぎやかでした。新米などで食べ物を作るのが特徴です。

チュソクの日の食べ物としては、''ソンピョン''というお餅などいろいろなもち類があります。朝鮮には祝日にもちを作って食べる慣わしがあります。もちをつく音が高く響いてこそ祝日の雰囲気になる、と昔から伝えられています。

特にソンピョンは、チュソクの日にその年の穀物で作った「チュソクソンピョン」、「早稲ソンピョン」を食べてこそ、真の味が分かるといえるほどでした。もち米で作ったものは''チャルトク''、米の粉を蒸して作ったのは''ソルギトク''といってそれにいろいろなものをまぶしつけたりしました。

''ノチ''と''栗の団子''もチュソクの日の食べ物です。ノチというのは新米の粉にもやしを入れて発酵させ、油で焼いたチジムです。ピョンヤン地方で好んで食べました。栗の団子はもち米を蒸して卵のように丸め、そこにゆでた栗の粉を蜂蜜に混ぜてまぶしたものです。チュソクの日にその年の栗を持って食べ物を作るのは、栗が栄養価が特別高く、健康に良いからです。

このような朝鮮の伝統的なチョソクの日の食べ物の風習は、今に伝えられています。

RIGHT:'''2015年の記事'''
LEFT:[[伝統の祝日チュソク]]、[[伝統の祭日チュソク]]、[[朝鮮の伝統の祭日チュソク]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//150927_チュソクの食べ物の風習



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS