#author("2019-06-25T16:12:12+09:00","default:pop hok","pop hok")
*サッカー選手後進の育成に励む [#bb875eca]
共和国でスポーツへの国家的関心が日増しに高まる中、選手後進の育成で多くの成果が収められています。では、ピョンヤンの''モランボン区域((牡丹峰区域(모란봉구역)))青少年スポーツ学校''のサッカークラブをご紹介しましょう。

最近、専門スポーツ団のコーチがこのクラブの部員たちに関心を向けています。初級中学校3年の時から注目し、高級中学校に上がると自分のチームにスカウトしています。現在、ソペクス、リミョンス、機関車の各スポーツ団に数人がスカウトされました。

専門家たちがこのクラブの部員から長所と見たのはきちんとした基礎技術動作です。ボールのキックとドリブル、ストップなどの基礎技術がよく、その発展速度も速いことです。クラブの部員皆が特技を持っているのも特別注目されています。それぞれ体格は異なりますが、皆が特技を持っているので専門スポーツ団で中核として活躍しています。

学校ではクラブの部員がスポーツ団にスカウトされてもすでに習った動作をそのまま活用できるよう系統的に育てています。そして、知能的で運動感覚が早い生徒でチームを組んで訓練を与えています。小学校1年の時から適性体質の生徒を選んで年齢と真理に合う多様な方法で訓練を与えています。

下級生の場合、基礎訓練を基本としてボールさばきと巧緻性訓練を与えています。そして、上級生はドリブルとシュートのような専門技術をそれぞれの試合状況の中で習得させています。体質に合う特技動作はこの過程を通して身につけます。今、生徒たちの熱意は大変なものです。
>「ぼくはまだまだです。しかし、自信を持って訓練に励んでいます」&br;
「ぼくも成功して金メダルを獲得するつもりです」

RIGHT:'''2014年の記事'''
LEFT:[[サッカー選手を育てて20数年]]、[[サッカーの後進を立派に育てようと]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS