#author("2017-03-16T22:35:31+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2019-11-29T18:57:04+09:00","default:pop hok","pop hok")
*クァンポブ寺が伝える話 [#k6ccf3fb]
5千年の歴史を誇る朝鮮には多くの遺跡が残っていました。それが、20世紀、朝鮮を占領した日本帝国主義者の朝鮮民族抹殺政策と朝鮮戦争の時のアメリカの野蛮な空爆によってその殆どが破壊され、なくなりました。これに誰よりも胸を痛めた偉大な金日成主席は、跡形もなく消えてしまった遺跡を一つ一つ探し出して復元し、立派に保存することに労苦の限りを尽くしました。

ピョンヤンのテソン山((大城山(대성산)))にある''クァンポブ''というお寺もその中の一つです。このお寺は、''コグリョ''、高句麗のクァンゲト王、広開土王が392年に建てた仏教寺院で、1500年も残っていた貴重な遺跡でした。それが、朝鮮戦争最中のチュチェ41(1952)年、アメリカの猛爆で焼失しました。
ピョンヤンのテソン山((大城山(대성산)))にある''クァンポブ''((クァンポプ寺、廣法寺(광법사) Kwangbop Temple))というお寺もその中の一つです。このお寺は、''コグリョ''、高句麗のクァンゲト王、広開土王が392年に建てた仏教寺院で、1500年も残っていた貴重な遺跡でした。それが、朝鮮戦争最中のチュチェ41(1952)年、アメリカの猛爆で焼失しました。

戦後、テソン山の遺跡の発掘を指導した主席はクァンポブ寺を復元することを指示しました。主席は、お寺の予想図を見て、本堂の大雄殿、天王門、僧堂をよく復元し、5重の石塔も立派に建てることについて教えました。クァンポブ寺は僅か1年という短い間に立派に復元されました。

チュチェ80(1991)年2月のある日、厳冬の寒さもいとわず、テソン山に登った金日成主席はお寺の建物を見て、クァンポブ寺の大雄殿は見た目にも素晴らしいつくりなので仏教の開祖と言われる釈迦が来て見ても喜ぶだろうと満足げに言いました。

国と民族を誰よりも愛する主席は長い間、語り継がれている仏教の常識も話し、クァンポブ寺をよく保存、管理すべきだ、クァンポブ寺は祖先の才能を見せる優れた建築物の1つであるばかりか、わが国の悠久な文化伝統を見せる貴重な遺産なのでよく保存、管理すべきだと重ねて言いました。

数千年に渡って民族が創造した歴史遺跡、遺物を残らず探し出し、元通り復元して次の世代に譲り渡すのが主席の構想でした。金日成主席は歴史書も多く研究し、昔のお寺の址を訪ねて山の道も掻き分け、復元された古跡を次から次へと現地指導したりしました。

ミョヒャン山((妙香山(묘향산)))のポヒョン寺、クムガン山((金剛山(금강산)))のピョフン寺、クウォル山((九月山(구월산)))のウォルチョン寺((月精寺))など多くの遺跡が主席の労苦と導きによって戦後に復元されました。数千年に渡って民族が創造した全ての富を輝かせるために献身的に尽くした主席の不滅の業績は朝鮮民族の歴史と共にいつまでも伝えられるでしょう。

RIGHT:'''2014年の記事'''
LEFT:[[コグリョ(高句麗)]]
LEFT:[[コグリョ(高句麗)]]、[[クァンポプ寺]]、[[遺跡クァンポブ寺]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//140811_クァンポブ寺が伝える話



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS