#author("2019-12-25T19:22:17+09:00","default:pop hok","pop hok")
*五聖山で撮った記念写真 [#pf40e43b]
朝鮮人民は敬愛する最高指導者金正恩委員長の朝鮮民主主義人民共和国武力最高司令官の任命の日を迎えるたびに、金正恩委員長が軍事力の強化に尽くしてなした不滅の業績を感動深く思い起こしています。

金正恩委員長は数多くの人民軍部隊を現地指導して、人民軍を思想と信念の強い軍隊、国の繁栄と人民の幸福のために奮励努力する真の人民の軍隊につくりました。そして行く先々で兵士たちを熱く思いやり、深い信頼を寄せました。

金正恩委員長の現地指導の日々には次のような話もありました。

チュチェ102(2013)年6月、金正恩委員長が''オソン山((五聖山(오성산)))の人民軍部隊''を訪れた時のことでした。152回も曲がる険しい峰を越えてオソン山の頂についた金正恩委員長は、指揮官から部隊の任務と今の状況についての話を聞いて、臨戦態勢をしっかり整えていることに大きな満足の意を表しました。

この日、金正恩委員長は陣地を訪ねて、軍人たちの生活にこまごまと気を配りました。そして最前線の軍人たちのためには惜しむことがないとし、最前線の軍人たちのために取った措置が功を奏するようにし、指揮官が軍人によりよい生活条件をつくってあげるため一生懸命努力すべきだと言いました。

金正恩委員長は中隊に双眼鏡と自動小銃、機関銃を記念に残し、軍人1人1人と共に記念写真を撮りました。
金正恩委員長は最前線の軍人たちが国の大門を固く守っているので人民が安心して眠れるし、私も心強い、あなたたちを固く信じていると言いました。

この日、金正恩委員長は敵軍と銃口を向け合っているある陣地に行きました。敵陣までの距離がわずか350メートルしかならない危険千万なところなので、そこに行ってはなりませんと進言する随員たちに、金正恩委員長はオソン山に登って軍人たちに会えずに帰ると後ろ髪を引かれるようだとし、陣地に向かいました。

敵の銃口が肉眼で見える危険なところで金正恩委員長に見えた軍人たちは感激の涙を流しました。軍人たちの手をやさしく取った金正恩委員長は、あなたたちの後ろには故郷への道があり、愛する父母兄弟が住んでいる、いつもこのことを忘れてはならないとし、最高司令官がいつもあなたたちと一緒にいると言いました。そして、ここの軍人たちと一緒に記念写真を撮りました。

こうしていつ敵軍の銃弾が飛んでくるか分からない危険千万なところで、優しい父と共に軍人たちが涙のなか、笑いながら記念写真を撮る感動深いシーンが生まれました。

(今日の朝鮮)

#ref(ike191106005_001.jpg,wrap,148x120)

RIGHT:'''2019年の記事'''
LEFT:[[オソン山が伝える話]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(今日の朝鮮 2019.12.24)


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS