#author("2021-08-26T18:47:11+09:00","default:pop hok","pop hok")
#attach
#author("2021-08-26T18:48:16+09:00","default:pop hok","pop hok")
*アニメソングの作家 [#s8abd9e8]
誇張と風刺、滑稽さなど、色々な芸術の手法を通じて、社会と人間生活の様々な現象とその本質を簡潔に見せるアニメ。子供はもちろん、大人にも人気のアニメです。普通、アニメのキャラクターやセリフ、歌などは印象に残るものですが、その制作者について考える人はそれほどいません。子供に愛唱されるアニメソングを手がける作家についてはなおさらでしょう。

''朝鮮4月26日アニメ撮影所''には数多くのアニメソングを創作した女性の作家がいます。撮影所の文学創作団の作家である''オ・ヨンオク''さんです。

中学時代から文学に素養があったオさんは、希望通り当時のキムヒョンジク師範大学の作家養成班で教育を受けました。童謡を専攻したオさんは、大学卒業後、貫禄がある朝鮮4月26日アニメ撮影所に配置され、その時からオさんの創作が始まりました。負けず嫌いの性格と情熱の持ち主であるオさんは、自分を作家に育てたこの国の恩に報いようとの思い一つで、作品に心血を注ぎました。一遍一遍の歌詞にオさんの思索と情熱が宿っています。

朝鮮4月26日アニメ撮影所の''ホ・ジョンヨン''室長のお話です。
>「オ・ヨンオクさんの代表作はアニメシリーズの『鈴の音』に出る歌です。歌はこのアニメが上映されるや子供の間で人気を博し、広く歌われました。オさんが創作した歌詞は童心に合うよう楽観に満ち、はつらつとした色彩を情緒豊かに表しているので、歌を歌うだけでアニメのシーンが目に浮ぶようです。これは、アニメの歌を愛する作家でなければ到底考えられないものだと思います」

アニメ「コウノトリ博士が描いた地図」のテーマソングである「いったい どこ」、「山梨谷の子リス」の「優勝する」、「リスとハリネズミ」の「進んで行く道」、「コイケマの歌」を始めオさんが創作した歌謡はアニメのテーマに彩りを添えています。

オさんのお話です。
>「一般的にアニメソングは子供向けなので、童心に合わなければなりません。子供の世界で親和力と感化力を持ってアニメの認識と教育の面での意義を植え付けなければならないので、人一倍子供を愛し、その生活を愛し、また歌を愛しなければならないと思います。それで私は自分が創作する歌詞に愛情を注いでいるのです」

情熱を持って創作する自分の歌詞に愛着を抱いているオさん。それでオさんが創作したアニメソングは子供の誰もが愛唱する歌となりました。

アニメソングに愛着を抱くオさんのような作家がいるので、朝鮮のアニメソングはこれからも子供に、また大人にも愛唱されるでしょう。

(今日の朝鮮)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike210720008_001.jpg,wrap,160x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike210720008_002.jpg,wrap,160x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike210720008_003.jpg,wrap,160x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2021.08.25の記事'''
LEFT:[[アニメ(一覧)>あ行#ndabe081]]、[[朝鮮4月26日アニメ撮影所]]、[[アニメソングの作曲家]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(今日の朝鮮 2021.08.25)


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS