#author("2022-01-10T19:26:20+09:00","default:pop hok","pop hok")
#attach
#author("2022-01-10T19:27:41+09:00","default:pop hok","pop hok")
*みなが父兄となって [#sc86b795]
教育部門への投資を系統的に増やして充分な教育条件をつくり、教育部門への支援を強化するのは共和国の一貫した政策です。

チュチェ110(2021)年1月に行われた朝鮮労働党第8回大会では、教育条件と環境を一新することが改めて強調されました。昨年、朝鮮人民には依然として試練と難関が重なっていましたが、教育部門を支援する社会あげての熱意は著しく高まりました。

各地の政権機関は、教育を自分の活動の一部分と見なし、何もかも不足している困難な中でも教育の近代化、情報化に必要な手段と近代的な実験・実習設備と実験器具を円滑に整えることに力を入れました。また、多くの工場、企業、協同農場、大衆団体が''自分が受け持つ学校への支援''を積極的に行いました。

ピョンヤンでは1950余りの後援団体が受け持ちの学校に78種、1万8千点以上の情報設備と多くの資材、資金、教具・備品を送り、34校をモデルとなる学校に新設または増改築し、数百の多機能化の教室をつくったのをはじめ、全国的に一万以上の教室の多機能化を実現しました。

学校への支援で模範を示しているピョンヤン市((平壌市(평양시)))のチュン区域((中区域(중구역)))工業品総合商店の''キム・ヒョンスク''さんのお話です。
>「教育は国の未来にかかわるとても重要なことです。それで教育部門を物心両面から、労力の面から助けるのは、当然私たちがすべきことで、またいくら厳しい条件の中でも必ずすべきことだと思います。企業の従業員は誰でも教育の主人、父兄は他ならぬ私たち、という観点をもって学校への支援に参加しています。日増しに移り変わる学校の姿、そこで勉強する生徒の明るい姿を見るたびに、少しでも教育に役立った、という誇りを感じ、これから学校教育に手助けになることならもっと多くのことをしなければ、という思いに駆られます」

みなが父兄となって困難な中でも教育を重視しているので、この国の教育の発展はさらに早まるでしょう。

(今日の朝鮮)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike211211008_001.jpg,wrap,200x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike211211008_002.jpg,wrap,200x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike211211008_003.jpg,wrap,200x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike211211008_004.jpg,wrap,200x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike211211008_005.jpg,wrap,200x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike211211008_006.jpg,wrap,200x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike211211008_007.jpg,wrap,200x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike211211008_008.jpg,wrap,200x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2022.01.09の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(今日の朝鮮 2022.01.09)



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS