#author("2020-01-28T15:37:02+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2022-10-07T20:08:40+09:00","default:pop hok","pop hok")
*この新記録は驚嘆に値する [#m1870ca6]
人間はどれほど多く、どれほど早く覚えられるのか、世界の名うてのブレーンの絶え間ない挑戦が続きます。

チュチェ208(2019)年12月、中国で40あまりの国と地域から選ばれた優秀な男女選手500人以上が出場した''世界記憶力選手権大会''がありました。大会に出場した朝鮮の6人の選手みながグランプリの国際記憶大家賞を受けました。

朝鮮の選手たちが立てた記録を見て、世界記憶力協会の共同創始者の1人は、「凄い、少なくとも10年間は他の国が朝鮮選手のこの記録を破れないだろう」と言いました。

審判員たちは「朝鮮の6人の選手みながシニア級でランキング10位内に入りましたが、これは朝鮮の教育制度の優位性を改めて実証するものです」と言い、わけても''リュ・ソンイ''選手の優れた知力に賛辞を惜しみませんでした。ピョンヤン外国語大学で勉強しているリュ・ソンイさんは大会で総合1位になり、7つの金メダルを獲得しました。

リュさんは、1時間の数記憶、30分2進数の記憶、スポーケン数の記憶でそれぞれ、3260個、6270個、456個だった世界記録を4620個、7485個、547個に塗り替えました。リュさんが世界記録として残した点数は将来、この記録を突破する選手が果たして誕生するか懸念するほどでした。

ある国際審判員はリュさんの知能指数は人間の能力の高さを十二分に示したと感嘆しました。記憶訓練を受けてから一年足らずのリュさんが世界をあっと言わせたのです。

世界記憶力選手権理事会総会長は、世界が朝鮮の教育を透視する必要性を認識したとし、興奮を抑え切れませんでした。朝鮮には全国の第1中学校と大学に整然とした速読教育システムが建てられ、優れた知力の強者育成の確固とした土台が築かれています。

そして、毎年、全国的な速読コンテストが行われており、その参加者数は増える一方です。

(今日の朝鮮)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike191211009_001.jpg,wrap,202x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike191211009_002.jpg,wrap,174x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

'''※画像はこちらで切り分けました。'''

RIGHT:'''2020年の記事'''
#br
LEFT:[[朝鮮の大学生たちが第28回世界記憶力選手権大会で好成績を収めました>vok191212#e99c6ba3]]、[[記憶の大家リュ・ソンイ]]
#br
LEFT:''リュ・ソンイ'':[[「大脳の星」とキム・ジョンスンさん]]、[[記憶の大家リュ・ソンイ]]&br;
[[英才教育のモデル学校]]、[[教育革命を起こして]]、[[国際記憶大家賞を受けた女子大生たち]]、[[頭脳発達の教育と人材]]、[[朝鮮の英才教育システム]]
----
-2018.12.26 [[第27回世界記憶力選手権大会に参加した朝鮮の学生が帰国>vok181226#v65bdf58]]
-2019.10.05 [[朝鮮のリ・ソンミさんがギネスブック入りしました>vok191005#y78e66c7]]
-2019.12.12 [[朝鮮の大学生たちが第28回世界記憶力選手権大会で好成績を収めました>vok191212#e99c6ba3]]
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(今日の朝鮮 2020.01.11)
//200127_この新記録は驚嘆に値する
//200204_この新記録は驚嘆に値する
//200404_この新記録は驚嘆に値する


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS