#author("2020-02-27T16:48:41+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-09-21T20:38:43+09:00","default:pop hok","pop hok")
*「カンファ島条約」 [#r9b10d42]
1876年2月27日、日本の侵略者は朝鮮封建政府を強迫して「''朝日修好条規''」というものを締結しました。朝鮮のカンファ島、江華島で締結されたと言って「''カンファ島条約''」、日本では「''江華条約''」と言います。

久しい前から朝鮮に対する侵略の道を模索していた日本の侵略者は当時、朝鮮に不平等な「条約」を強いるのを当面の目標としていました。その口実を設けるため1875年だけでも2回に渡って侵略船「雲揚」号を朝鮮領海に不法侵入させ、軍事的に挑発しました。
久しい前から朝鮮に対する侵略の道を模索していた日本の侵略者は当時、朝鮮に不平等な「条約」を強いるのを当面の目標としていました。その口実を設けるため1875年だけでも2回に渡って''侵略船「雲揚」号''を朝鮮領海に不法侵入させ、軍事的に挑発しました。

その後、「条約」締結のための具体的な準備を整えた日本の侵略者は、1876年1月15日、8百人以上の軍隊を乗せた7隻の軍艦を朝鮮南海と朝鮮西海一帯に侵入させ、武力デモンストレーションと沿海の不法測量、スパイ行為を働きました。

カンファ島に入っては朝鮮封建政府に談判を強要し、軍事的脅威と恐喝を粘り強く加えました。下の写真が示すように日本の侵略者は会談の場に大砲まで設置して脅かしました。

#ref(ike191229005_001.jpg,wrap,180x120)

侵略者を撃退する準備ができていなかった朝鮮封建政府は、侵略者の出した「条約」締結に同意せざるを得なくなりました。「カンファ島条約」はあくまで日本の侵略者の一方的な権利と朝鮮の従属的義務だけを規定した極めて侵略的で不平等な「条約」でした。

#ref(ike191229005_002.jpg,wrap,163x120)

上の写真は「カンファ島条約」の原文を見せるものです。

「条約」には朝鮮の港を日本の商人の「自由貿易」のために開放すると言うことが規定されています。日本の侵略者は「条約」に「自由貿易」の条項とこれをより具体化することについての条項を入れることで、立ち遅れた朝鮮の経済とその胎内で発展していた資本主義的関係を残らず破壊し、日本による経済的支配を実現する基本的条件を整えました。

また、治外法権の条項を規定することで、朝鮮の主権行使を制限し、法に拘わることなく、勝手に侵略と略奪、あらゆる野蛮行為を働く法的保証を手に入れました。また、「条約」に朝鮮の沿海に対する日本の測量及び地図の作成の自由を保障する条項を入れ、日本軍国主義の政治的・経済的侵入だけでなく、軍事的侵略の道も開きました。

「カンファ島条約」の締結によって朝鮮は急速に半植民地化の渦中に巻き込まれました。

そのときから長い歳月が経ちましたが、この条約の締結過程は今も日本の侵略者の強盗さながらの本性をことごとくさらけ出しています。

(時事評論)

RIGHT:'''2020年の記事'''
#br
LEFT:[[江華島事件(雲揚号事件)]]、[[日朝修好条規]]、[[カンファ島条約]]、[[カンファ島条約から見る日本の朝鮮侵略の足跡]]、[[朝鮮侵略のプロローグである「雲揚」号事件]]、[[朝鮮侵略を狙った雲揚号事件]]
LEFT:[[江華島事件(雲揚号事件)]]、[[日朝修好条規]]&br;
[[カンファ島条約]]、[[カンファ島条約から見る日本の朝鮮侵略の足跡]]、[[侵略の足場を築こうとの武力挑発行為]]、[[「朝日修好条規」はなぜ必要だったのか]]、[[朝鮮侵略のプロローグである「雲揚」号事件]]、[[朝鮮侵略を狙った雲揚号事件]]、[[朝鮮侵略の口実を設けるための計画的な武力挑発]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(時事評論 2020.02.26)
//カンファ島条約2


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS