#author("2022-04-23T19:34:38+09:00","default:pop hok","pop hok")
*熱烈な愛国で輝く生涯 [#h086422a]
栄えある朝鮮革命の歴史には偉大な金日成主席の母である不屈の革命家''カン・バンソク''女史の崇高な愛国心も刻まれています。カン・バンソク女史はチュチェ21(1932)年7月31日、愛国で輝く生涯を閉じるまでひたすら国の解放と人民の自由と幸せのためにすべてを尽くしました。

''チルゴル革命事績館''の''キム・オクキョン''さんのお話です。
>「カン・バンソク女史は、金日成主席を偉大な革命家に育て、主席の革命活動を積極的に後押しした朝鮮の母でした。そして、''キム・ヒョンジク''先生の革命活動を積極的に手伝った革命家の妻、朝鮮の女性運動の優れた指導者でした」

女史は平素は優しいでしたが、敵には意志を通して強く応えました。歴史の夜明け道を掻き分ける夫のキム・ヒョンジク先生が日帝の警察に逮捕された時の事です。警官たちは家宅の中と外をくまなく捜索しました。この時、女史は「見るなら見ろ!」と怒鳴りつけ、警官たちに立ち向かいました。その恐ろしい気概の前に警官たちは恐れおののき、逃げてしまいました。

このように強い気概を持っているので女史はキム・ヒョンジク先生について遠い革命の道を歩みながらも悲観ということを知りませんでした。女史は主席の指導の下、反日婦女会を組織し、革命活動を行いました。

それについてキム・オクキョンさんはこう話しています。
>「苦難に満ちた革命の道を歩みながら武装闘争だけが生きる道だと言うことを知った女史は息子を手伝って武器を運び、''反日人民遊撃隊''の創建の時には反日婦女会の会員たちと共に軍服を仕立て、赤旗を作りました。後日、主席は女史の輝かしい生涯を感慨深く思い起こし、抗日遊撃隊は母が炊いてくれたご飯を食べ、母が仕立てた軍服を着て、母が作った旗を掲げて創建されたと言いました」

愛国は女史の生涯を貫いている最も聖なるものでした。それで女史は反日人民遊撃隊を創建した主席が南満州へ旅立つ前に粟一斗を持って帰宅した時、ためらうことなく抗日の戦場へと帰らせました。その時、主席は愛国心に燃える剛毅な母の姿に、本当に立派な母、ありがたい母だと言う思いで胸がいっぱいになり、革命の道、闘争の道に力強く進みました。

そして厳しい革命の道でいつも熱烈な愛国で生涯を輝かせた女史を思い、日帝を打ち倒して国の解放の歴史的偉業を成し遂げました。女史の生まれ故郷のチルゴル((七谷(칠곡)))を訪ねる人々は熱烈な愛国で生涯を輝かせた女史に心からの敬意を表しています。

不屈の革命家カン・バンソク女史の気高い生涯と業績は敬愛する金正恩元帥の導きの下、繁栄を続けている共和国の歴史と共にいつまでも輝いています。

RIGHT:'''2016年の記事、2018年の記事'''
LEFT:[[康盤石]]、[[金亨稷]]&br;
''反日人民遊撃隊'':[[反日人民遊撃隊の創建に際して>金日成19320425]]&br;
[[15年間の抗日戦争]]、[[またといない先軍の総帥を戴いて]]、[[安図の春]]、[[輝く生涯]]、[[革命的武装組織のルーツ朝鮮革命軍]]、[[革命武力の礎を築いた不滅の業績]]、[[革命武力建設の歴史に特筆すべき出来事]]、[[鋼鉄の総帥金日成大元帥]]、[[抗日大戦を宣言した歴史的会議]]、[[抗日武装闘争の宣言]]、[[朝鮮の栄光(朝鮮人民軍創建)]]、[[朝鮮の母カン・バンソク女史]]、[[朝鮮の母]]、[[朝鮮解放の恩人]]、[[熱血の革命家の輝かしい人生]]、[[初の革命武力の誕生]]、[[初の革命的武力]]、[[初の革命的武力の誕生]]、[[不屈の革命家キム・チョルチュ同志]]、[[歴史的なワンジェ山会議]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//160731_熱烈な愛国で輝く生涯
//180731_熱烈な愛国で輝く生涯


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS