#author("2017-03-14T15:21:27+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-11-17T18:51:22+09:00","default:pop hok","pop hok")
*甲斐ある労働生活 [#hd993885]
5月1日、メーデーは世界の勤労者の祝日です。世界の勤労者が団結のスローガンを高く掲げて自主権を取り戻すために奮起した時から125周年になります。過酷な搾取と抑圧に反対し、自分の権利と利益を守る真の労働生活を渇望した勤労者です。今、共和国では労働者、農民、知識人を始め、勤労者大衆が国の主人となって張り合いのある人生を送っています。

''ムン・ガンスン''さんは女性たちの工場と呼ばれる''金正淑ピョンヤン紡織工場''で働いています。30代始めのムンさんは''労働英雄称号''の受賞者で、''最高人民会議代議員''です。労働生活は長くはありませんが、ムンさんは多くの機械を受け持って毎年の人民経済計画を上回って達成しています。服地の生産に尽くしている工場の堂々たる主人だという自覚を持って励んでいるムンさんです。

その功労が買われて、労働英雄称号を授賞し、最高人民会議の代議員にまでなりました。その日々に、ムンさんは工場を訪れた偉大な金正日総書記に会い、総書記とともに記念写真も撮りました。

敬愛する金正恩元帥は結婚したムンさんの家を訪ねて祝ってあげました。この日、元帥はムンさんの家だけでなく、夫と妻、そして娘達も教員を勤めている家も訪ねました。元帥は国の未来を受け持って育てる愛国者の家庭だと評価し、今後の教育での成果を祈りました。そして、祝いの酒も注いであげ、一緒に記念写真を撮りました。労働者、事務員だけでなく、農民と科学者みなも張り合いのある人生を営んでいます。

共和国では勤労者の労働条件と生活環境を充実させるのを生産に劣らず重要なことと見なしています。最近、''ウォンサン革靴工場''が新世紀にふさわしく改築されました。ウォンサン革靴工場は朝鮮東海岸沿いの港湾都市ウォンサン市((元山市(원산시)))にあります。

2階建ての生産用建物がずらりと取り囲むように据えられた工場は生産工程が現代化され、外にはスポーツ施設と憩いの場が設けられています。この他、理髪店、美容院、浴場、食堂、寝室などの文化施設と従業員がネット上で大学の教育課程を終えるようになっている科学技術知識の普及室も整えられています。

労働者の''カン・フナム''さんのお話です。
>「綺麗な職場で働いていますので、本当に気持ちがいいです。出勤する時も楽しい気分になって誰よりも先に出ますし、品質も上がるので本当に良いです。今日の計画も一番先に終えるつもりです」

前の姿は跡形もなく消え去り、製靴工場のモデルとして作られたウォンサン革靴工場は今、工場の労働者だけでなくウォンサン市民の間で労働者の宮殿と呼ばれています。

これだけではありません。金正淑ピョンヤン紡織工場の労働者の寮とすっかり一新したサリウォン市((沙里院市(사리원시)))''ミゴク協同農場''、国家科学院の''中央茸研究所''など、どこを見ても立派なつくりの仕事場で勤労者の幸せいっぱいの笑い声が溢れています。

今、共和国の勤労者が享受している甲斐ある労働生活は法的に徹底的に保障されています。社会主義労働法には労働保護を生産に優先させること、公休日の制度と有給休暇制度、国家費用による静養、休養制度を実施して勤労者の休息の権利を全面的に保障することが規定されています。特に勤労者みなの生活を責任持ち、その物質文化生活を絶えず向上させるのを共和国の最高活動原則として規定しています。

勤労人民大衆が全てのものの主人となり、社会のあらゆるものが勤労人民大衆のために奉仕する人間中心の社会主義制度、ありがたいこの国があって共和国の勤労者は甲斐ある生活を思う存分営んでいます。

RIGHT:'''2015年の記事'''
#br
''ムン・ガンスン'':[[機織工の姿から]]、[[恋しさ一杯の2012年]]、[[指導者と人民]]、[[偲ぶ思い歌となって]]、[[祝福された新婚夫婦]]、[[女性の労働者代議員]]、[[人民の心の中に生き続ける金正日総書記]]、[[永久なる人生を歌う人民]]、[[恵まれた人たち]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//150501_甲斐ある労働生活



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS