短波放送「朝鮮の声」より

pop hok -- YouTube
220521夕方の放送、11865kHzで受信


移動サービス隊活動が活発に行われる

全国各地で国家非常防疫事業が最大非常防疫システムに移行された現実に即して人民が経ている不便と苦痛を最小限に抑え、生活を安定させるための移動サービス隊活動が活発に行われている。平壌市だけでも党中央委員会第8期第8回政治局会議の以後、数多くの移動サービス員たちが住民の生活に切実に必要な各種物資を洞、人民班まで持ってきて供給している。首都の移動サービス員たちは洞の活動家と人民班長との緊密な連携の下に世帯別の家族数とそれに伴う生活必需品、食品などを具体的に掌握し、そのつど解決するためのサービス活動を着実に行っている。現在、数多くのサービス員たちが住民たちを対象に移動サービスを行っており、それに参加する人数は日を追って増え続けている。牡丹峰区域の一サービス員はこう言っている。「われわれの移動サービス隊活動は単に物資を保証するための実務的な活動ではないと思う。住民たちに党と国家の人民的施策をもっと近く、もっと早く届かせるための責任ある、重要な活動であると思う」
(Naenara 2022.05.21)

有用動物の保護に力を入れる

朝鮮では3月から7月まで有用動物保護期間である。国の動物資源を極力保護、繁殖させることを国の一貫した政策として打ち出している朝鮮では、その期間に有用動物保護活動を大衆挙げての運動として活発に繰り広げている。各地に分布されている有用動物の種数とその資源量を正しく調査、登録する一方、各保護区で棲息する動物と保護、繁殖対象に定めた動物、朝鮮固有の特産種、稀少種の動物、絶滅危惧種の動物分布状態とその資源量を定期的に調査、登録し、それに基づいて有用動物の保護対策を立てている。各道、市、郡に地域特性に即して有用動物保護区と臨時有用動物保護区を設定し、動物資源を極力保護、繁殖させており、有用動物の移住順化、人工繁殖、人工飼育体系を完成するための科学研究を着実に行っている。動物保護区で棲息する熊、チョウセンカモシカ、キシリシカ、キエリテン、オオタカ、オシドリなど主な保護種と絶滅危惧種・希少種を定期的に調査、登録し、それを踏まえて保護区を再設定する事業にも取組んでいる。近年、国の動物保護区全般に対する調査、登録が行われ、ペドギ山野生動物保護区、頭雲峰野生動物保護区など26の野生動物保護区が新たに設定された。小さい松群落の間にハンノキ、クヌギ、ドロノキ、ヤマブドウ、サルナシ、クズなどの混生林を造成し、草本植物、飼料植物を多く植えており、随所に標識板、境界標、注意事項板などを設置し、人数と運輸手段の出入りを制限するなど有用動物保護期間に動物の棲息と繁殖に有利な環境を保障している。
(Naenara 2022.05.20)

高麗25代王の陵を発掘

最近、開城市海仙里で高麗25代王の陵を新たに発掘した。社会科学院考古学研究所と文化省民族遺産保護局朝鮮民族遺産保存社、松都師範大学歴史学部が共同で各歴史遺跡に対する調査及び発掘を行った。開城市海仙里所在地から西南方へ1.2kmほど離れた所で高麗時代の王陵級古墳と認められる壁画古墳を新たに発掘した。今回に発掘された古墳は階段式に築いた三つの花崗石石垣によって四つの区画に分けられている。一番高い所に位置した1区画には石欄干施設を備えた墓場と望頭石があり、一階段ずつ低い2区画と3区画には各々一対の石人が立ており、4区画には祭壇がある。精巧に加工した石材で築いた玄室の大きさは南北の長さ365cm、東西の幅300cm、高さ235cmである。玄室の東側壁には一部の夫婦墓場で見られる「魂」が出入りする穴があり、床では天井と壁に描いた壁画かけらが現れている。古墳では封建時代の王や王妃に尊号を付ける時、その徳望を賞賛する文を刻んだ簡札の一部分と金メッキした鉄製品などの遺物が発見された。朝鮮民主主義人民共和国考古学学界では今回に発掘された古墳が建築形式と規模、遺物からして14世紀の王陵級の古墳であり、その古墳の東側から250余m離れた所に忠烈王の妻の墓地(1979年発掘)があり、「新増東国輿地勝覧」をはじめとする各文献にも恭民王陵が開城部から西側へ1.2里ほど離れていると記録されてあるので、高麗25代王(1236年~1308年)の陵と見られるというのが一致して認められた。高麗25代王である忠烈王の古墳が新しく発掘されることによって、民族文化遺産の宝庫を豊かにすることに寄与できるようになった。
(Naenara 2022.05.20)


特に政治的な意図はない。一時期ブームになった北朝鮮。律動体操や女性アナウンサーなどは面白いといえば面白かったけど、決してそれだけではない国、北朝鮮。現地に行くことは出来ないので、2012年から短波放送の受信を記録してみる。「朝鮮の声」のWebサイトに放送の内容が文書化されていたので、それも保存してみる。ものすごく不安定で使いにくいサイトだったので全部は収集できなかった。また、放送はされたが文書化されていないもの、文書化されてはいるが放送されなかったものも多数ある。画像も保存していたが不注意で消してしまった。これからは注意する。北朝鮮といえば「無慈悲」が一般的になっているが、短波放送では「情け容赦無い」がよく使われている。

基本的に文章はそのままにしているので、「て・に・を・は」がおかしい箇所がある。よほどひどい場合は直している。サイト上の文章は、たまに「ファンヘ北道」や「ファンヘ南道」のカタカナの「ヘ」が平仮名の「へ」になっていて検索にかからないので直した(直し忘れもある)。ローマ字や数字も半角にした。


「朝鮮の声放送」Webサイト上の音声・映像だけで提供されて短波放送されなかったもの、サイト上で文書化されていないもの、放送されたが録音していなかったもの、サイト掲載文書を保存し忘れたもの等のタイトルだけの一覧。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS