我々の運命の眩しい太陽を塞いでみようとする者等を情容赦無く懲罰するだろう。

朝鮮人民軍最高司令部の重大声明

最近、主体の朝鮮の初の水爆実験と地球観測衛星光明星第四号機の完全な打ち上げ成功で度肝を抜かれたアメリカと南朝鮮傀儡集団は、最期の足掻きをしている。国連で行われるヒステリックな制裁決議の採択も、各種核戦争殺人装備を投入した半狂乱の軍事的押し潰し策動も、共和国に対する前代未聞のあらゆる選択肢も我々の意思を挫く事が出来なくなるや、アメリカと南朝鮮傀儡集団は最後の博打を打っている。

これがまさに我々の最高首脳部を狙った『斬首作戦』を通じて体制崩壊を実現しようというものだ。既にこの作戦に投入されるアメリカ侵略軍の原潜ノースカロライナが釜山港に入港し、F-22AEステルス機が烏山で空軍基地に機動展開しアメリカ侵略軍のゲリラ戦武力が相次いで南朝鮮に入っている。戦時、我々の最高指導部と核及び戦略ロケット軍基地等主な戦略的目標の打撃を作戦任務としているアメリカ侵略軍の陸軍第1特殊戦隊と第75空挺連隊、米海兵隊特攻連隊、米空軍第720特殊戦術戦隊、米海軍特殊戦隊SEALsチーム等特殊作戦武力が現地に展開された状態である。

これまで対外侵略戦争で悪名を馳せたアメリカ侵略軍の陸軍、海軍、海兵隊、空軍の殆ど全ての特殊作戦武力と所謂『毛抜式打撃』に導入される侵略武力が一斉に南朝鮮になだれ込んだのは嘗て無かった。アメリカと南朝鮮傀儡集団は間も無く強行される合同演習『キー・リゾルブ、フォール・イーグル 16』の際、新しく作った作戦計画5015の核心項目である『合同斬首作戦』と、我々の核及び戦略ロケット武力の除去作戦の現実性を検討するという事を躊躇う事無く公開している。敵が云々する『斬首作戦』というのは我々の核及び戦略ロケットの使用を遮断する為に命令権者を事前に除去するという、極悪非道な戦争打撃の内容から成っている。

事態が由々しいのは、南朝鮮傀儡集団が同じ民族を押し潰す為に強盗そのもののアメリカの核戦争殺人装備を手当り次第に持込んだ揚句、『斬首作戦』実行に血眼になって加わっている事だ。極悪非道な『斬首作戦』と体制崩壊策動は我々に対する敵対行為の極みである。我が軍隊と人民は朝鮮革命の最高首脳部を自分の生活の全てより神聖視している。誰であれ我々の尊厳ある最高首脳部にほんの少しでも手出しするなら、些かの許しも雅量も我慢も知らずに直ちに容赦無く懲罰するのが我々軍人と人民である。

目下の情勢がこれ以上傍観出来ない険悪な段階に至った事を受け、朝鮮人民軍最高司令部は激怒した我々人民軍軍人と人民の百倍千倍の報復の意志を込めて次の様な原則的立場を明らかにする。唯今から我々の革命武力が保有している強力な全ての戦略及び戦術打撃手段は、所謂『斬首作戦』と『毛抜式打撃』に投入される敵の特殊作戦武力と作戦装備が少しの動きでも見せる場合、其れを事前に徹底的に制圧する為の正義の先制作戦遂行に入るだろう。

第一次打撃の相手は、同じ民族との対決の謀略巣窟である南朝鮮の大統領府と反動支配機関である。朝鮮民族共通の富である核抑止力と宇宙開発の成果を躍起になって中傷し、この地に核の惨禍をもたらす上司アメリカの核戦争殺人手段を矢鱈と持込む朴槿惠反民族集団は、正にこの地に生きる資格を失って久しい。空の太陽を塞いでみようとした大きな罪、我々の生活の場を無くそうとした悪行に尽いては、最も残酷な最も凄絶な代償を必ず払わなければならない。我々の重大警告にも拘らず正気を失って引続き愚かな軍事的妄動を追及するなら、其の根源を根こそぎ掃滅する為の第二次打撃作戦に入る事になる。

第二次打撃の目標は、アジア太平洋地域のアメリカ侵略軍の朝鮮侵略の基地とアメリカ本土だ。強盗そのもののアメリカ帝国主義との最後の決戦の為に、世紀を跨り固めて来た我々の方式の打撃戦は世界が想像も出来ない報復戦となり、万の悪の巣窟がこの地球から二度と蘇る事の出来ないよう灰燼にしてしまうだろう。

はっきり知っておくべきだ。

我々には何時でも何時の場所でもアメリカの国土を思うが侭に叩き潰す事の出来る、世界が未だ嘗て保持した事の無い強力な最先端の攻撃手段が全てある。強盗そのもののアメリカとの決戦の為、1,2年でもない半世紀を遥かに越えるまで代を継いで総力を結集して来た、我々の軍事的能力に尽いてもうこれ以上隠す必要を感じていない。アメリカは我々が叩けば其のまま叩かれるべきで、降り掛ければ其のまま燃え尽くして消え去るべきだ。これが我々と立ち向かっているアメリカに与えられた宿命的な末路だ。

侵略の牙城は我々の照射圏内に入っており、報復打撃の遊底はすでに剥がされた状態だ(?)。アメリカと南朝鮮傀儡集団は、情容赦無い天罰を其のまま受け入れるか、さもなければ遅蒔きながらも謝罪し事態を収拾するかの二者択一を迫られている。

空の太陽を引き下ろすという事より愚かで愚鈍な事はない。

朝鮮革命の最高首脳部を守って千万の城塞を築いている我々人民軍軍事と人民は、敵対勢力のあらゆる挑発を情容赦無く踏み潰し、白頭山大国の最後の勝利の地平に向かって一層力強く進んで行くだろう。

主体105年(2016年)2月23日 平壌

朝鮮の声放送ニュース抜粋(聞き書き)

ニュース抜粋2016


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-11 (土) 14:36:12