電力増産の鍵

平安南道順川市にある順川火力発電所です。 ここでは毎年技術革新・創意工夫の名手が増えています。 その中には技術者だけでなく管理職や労働者もいて、電力の増産で大役を果たしています。

(字幕)
発電所の科学技術成果
給水ポンプの改造、トランス温度測定のデジタル装置の開発など数十の技術革新案を生産に導入
ここ数年間、最高生産年度の水準をオーバー

副主任技師ウォン・イルソクさん。

「発電所では発電機の効率を上げるため、従来よりボイラーの着火時間を1時間半以上減らして電力の増産を図りました。また、石炭粉砕機の減速機を改造して元通りの性能を回復しました」

成果に驕らず、より多くの電力を生産する為に努めています。

職長オ・ドクスさん。

「一番の悩みは送風機、排気装置の振動でした。技術者たちが英知を集めてその原因を突き止めました。今、高温空気燃焼技術の導入や分離機の改造などが行なわれています。他の職場でもイノベーションに取り組んでいます」

科学技術を電力増産の鍵としている順川火力発電所です。

(今日の朝鮮)

img_vok200607a_01.jpg
img_vok200607a_02.jpg
img_vok200607a_03.jpg
img_vok200607a_04.jpg
img_vok200607a_05.jpg
img_vok200607a_06.jpg
img_vok200607a_07.jpg
img_vok200607a_08.jpg
img_vok200607a_09.jpg
img_vok200607a_10.jpg
img_vok200607a_11.jpg
2020.06.07 サイト動画の聞き書き、字幕抜き書き
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-08 (月) 12:08:31