通学の道

2020年6月撮影

取材スタッフはヒャンサン郡*1とヒチョン市*2の境界を経て、朝鮮北西部のチャガン道*3に入りました。

img_vok201018a_01.jpg
img_vok201018a_02.jpg
 

先日、チャガン道では朝鮮労働党の意に則り山間部の生徒の通学船を何隻も建造し、新学年を迎えて運行を始めました。チャガン道で新しく建造した通学船は「ウンジョン」(恩情)第1号から第7号までの7隻で、その他、3つの市、郡を往来する通学列車も童心に合わせて改造されました。

img_vok201018a_03.jpg
img_vok201018a_04.jpg
img_vok201018a_05.jpg
img_vok201018a_06.jpg
 

先ず、ソンウォン郡*4に向かいます。ソンウォン郡ヨンガン高級中学校*5の生徒の通学戦を運搬するため、郡民総出で新しく開いた道です。ソゲ峰の天然岩を削り、木の根や石を掘り出して開いた道は120キロにも及びます。ヨンガン里所在地から通学船の出発点のソンパ地区までは往復28キロ。通学生のところまで船で2時間ほどかかります。

img_vok201018a_07.jpg
img_vok201018a_08.jpg
img_vok201018a_09.jpg
img_vok201018a_10.jpg
 

ソンウォン郡ヨンガン高級中学校の教員ペク・ヨンイルさん。

img_vok201018a_11.jpg

「6月3日、通学船の進水式がありました。そのとき、父兄みなが感極まってね、感謝の念をどうしようもなく涙を流す人もいました。子供たちは『われら幸せ歌う』の歌を歌いながら学校に向かいました。船内にはテレビなども揃っていて、子供たちは退屈を知らずに楽しく登校しています。そして、一週間後にまた船に乗ります。子供たちは、ずっと船に乗りたいと言っています」

 

通学船はソンパ地区で17人、鹿牧場地区とグクロ地区でそれぞれ13人が乗り、ヨンガン高級中学校に来ると言います。 ソンパ地区に着いて通学生の親に会ってみました。

トッコ・ヘヨンさん。

img_vok201018a_12.jpg

「ここは郡から48キロも離れたところで、ヨンガンからも船便しかありませんが、それも2時間以上かかります。正直に言って、辺鄙なところなので子の身の振り方を心配もしました。私は1人息子ですが、母として心配ばかりしていました。(学校から遠いから?)はい、あんまり遠いので。ろくに宿題の監督もできないし、子供が病気のときは、船の道が心配なので学校によこせなかったし、でも、今は通学船があります。子は興奮しすぎて、初日は食欲までなくしたわ」

 

ソンパ地区に朝日が昇ります。生徒たちが学校に向かいます。通学船が来てから親の見送りはソンパ村の新しい風景となりました。通学船「ウンジョン―1」号です。父兄に見送られ、13人の生徒が待つ鹿牧場地区に向かいます。

img_vok201018a_13.jpg
img_vok201018a_14.jpg
img_vok201018a_15.jpg
img_vok201018a_16.jpg
 

鹿が群がる風景がとても印象的です。牧場の人たちは、新しい通学船がここの風致を一層引き立てていると言っています。もともと、この地区には小学校の児童のためのシンフン初級分校がありました。通学船で通う高級班の生徒はみなこの分校の卒業生です。

img_vok201018a_17.jpg
img_vok201018a_18.jpg
 

ヨンガン高級中学校シンフン初級分校の責任教師ユン・ハクチョルさん。

img_vok201018a_19.jpg

「通学船を見ていると、私自身も生徒時代に戻りたい気持ちです。今の子たちは本当に恵まれていますね」

 

ファン・ミョンスンさん。

img_vok201018a_20.jpg

「過去は、金正日総書記が送って下さった船で私たち母の世代が学校に通いました。今は、僅か13人のためにこんなに立派な船まで送って下さり、ただただ感謝するばかりです。その日は子供たちの笑顔で湖畔全体が明るくなったようでした」

 

ヨンガン高級中学校までは後1時間30分ほどかかります。労働党の思いやりが最果ての辺鄙な山間部にまで隈なく行き届いています。

ヨンガン高級中学校に向かう生徒たちを見送った後、チャソン郡*6に向かいました。「チャソン」とはシラカバの多いところと言う意味です。チャソン郡所在地から船で2時間ほど走ると、風光明媚なポプトン里*7に差しかかります。ここにポプトン協同農場の第3作業班の農場員が住んでいます。

img_vok201018a_21.jpg
img_vok201018a_22.jpg
img_vok201018a_23.jpg
 

パン・スングムさん。

img_vok201018a_24.jpg

「うちの子は、ちっちゃい時から通学船で通っています。初級2年の時はこんなに辺鄙な山間部の子が、朝鮮少年団第8回大会にまで参加しました。今はまた、新しい通学船で学校に通っています。本当に労働党がありがたく、社会主義制度がありがたいと痛いほど感じています」

 

今日は月曜日です。 毎週月曜日は、郡の幹部が通学船を点検することを今は小学校の児童までが知っています。 昔から、母の愛情にまさるものはないと言っています。 ところが、母の愛情をはるかにしのぐ熱くて偉大な愛情があります。 次世代をこよなく大事にする朝鮮労働党の愛情です。

img_vok201018a_25.jpg
img_vok201018a_26.jpg
img_vok201018a_27.jpg
img_vok201018a_28.jpg
 

リ・ヒョグクさん。

img_vok201018a_29.jpg

「家を出たら通学船が待っています。本当に嬉しいです」

 

ファン・ヘギョンさん。

img_vok201018a_30.jpg

「船から降りたくありません。以前は別々に学校に行きましたが、今は、友達みんなで行くのですから、本当に楽しいわ」

 

キム・イェリムさん。

img_vok201018a_31.jpg

「通学船があるので遅刻の心配などありません。中には椅子もあり、雨に濡れることもないので勉強もできるし、友達と絵本の話しもして本当に楽しいわ」

 

ポルコルからポプトン高級中学校までは僅か2キロです。ポルコルで24人、シダッポルで9人、ホヤンコルで7人を乗せ、ポプトン高級中学校に向かいます。毎年、国から子供に贈られるプレゼントと教育設備、「ソナム」ランドセルと「ミンドゥレ」ノートなどの学用品もみなこの船で運ばれます。

img_vok201018a_32.jpg
img_vok201018a_33.jpg
img_vok201018a_34.jpg
img_vok201018a_35.jpg
 

ここは「空に一番近い村」と呼ばれるチャガン道ランリム郡*8シンフン労働者区*9です。この辺鄙な山里でも新学年を迎えて通学船が運航を始めました。通学船は牛牧場地区を出発して、チュパ村とコムトンコルを経てチャンソン里*10所在地に着きます。

img_vok201018a_36.jpg
img_vok201018a_37.jpg
img_vok201018a_38.jpg
 

この子たちはチュパ村の生徒です。通学生はみんなで7人。小学校1年生が殆どで、小学校3年生が一番上です。中には姉妹もいます。いとしいわが子が新しい通学船で初の登校をした日を忘れられないと、ここの林業労働者たちは言っています。

img_vok201018a_39.jpg
img_vok201018a_40.jpg
img_vok201018a_41.jpg
img_vok201018a_42.jpg
 

子供を顧みるのが第1の国事となり、次世代を愛する倫理が花咲く社会主義の朝鮮。ありがたいその許で、「空に一番近い村」と呼ばれるランリム郡の子供たちも、幸せと喜びに満ちて思う存分学んでいます。

img_vok201018a_43.jpg
img_vok201018a_44.jpg
img_vok201018a_45.jpg
 

ランリム林産事業所の課長パク・トンスさん。

img_vok201018a_46.jpg

「通学船が到着した瞬間、チャンソン里の人ばかりか、コムトンコル、牛牧場、チュパ村、林業村など周辺の人みなが繰り出して『労働党万歳!』を叫び、小躍りして喜びました」

 

ここはマンポ市*11ナムサン里*12です。秀麗な山並とマッチしてスマートな船体の通学船が、アムノク川*13の辺の浮き埠頭に付けられています。子供たちが船に乗っています。ナムサン里のマシリから里所在地までは9キロほどです。

img_vok201018a_47.jpg
img_vok201018a_48.jpg
img_vok201018a_49.jpg
 

マンポ市人民委員会の部長ハン・ミョンソンさん。

img_vok201018a_50.jpg

「今年の学期休みの間に偉大な金日成主席と金正日総書記、敬愛する最高指導者金正恩委員長の気高い意に則り、通学船7隻と浮き埠頭を製作して学校に送りました。登校しながらテレビも見られて子供たちがとても喜んでいます」

 

人家が5戸しかないマシリのチャンコルには通学生がリ・ソンギョンさん1人だけで、サドン村にもカン・ソンヒョクさん1人だけです。国の最果てのところで新しい通学船に乗ってアムノク川を遡る子供たちの幼い胸にも、藍と紅の国旗は、ありがたい社会主義の姿として深く刻まれるでしょう。

img_vok201018a_51.jpg
img_vok201018a_52.jpg
img_vok201018a_53.jpg
 

マンポ駅から列車で北の方へアムノク川沿いにしばらく走ると、リムトと言う小さい山間駅に着きます。この駅から数十人の子供が毎日、通学列車でシムリドン高級中学校*14に通っています。リムト駅とチャンコル駅、ハサムガン駅、ソンサン駅で列車に乗る子供は合わせて数十人で、学校まで僅か4キロほどです。

img_vok201018a_54.jpg
img_vok201018a_55.jpg
img_vok201018a_56.jpg
img_vok201018a_57.jpg
 
img_vok201018a_58.jpg
img_vok201018a_59.jpg
img_vok201018a_60.jpg
 

今、列車がチャンコル駅に入っています。チャンコル駅は、シムリドン協同農場の1つの分組の子供たちのために建てた通学駅です。幼稚園の園児がいれば小学校、初級中学校、高級中学校の生徒もいます。列車がシムリドン駅に向かって出発しました。

img_vok201018a_61.jpg
img_vok201018a_62.jpg
img_vok201018a_63.jpg
img_vok201018a_64.jpg
 

車掌リ・ソンギョンさん。

img_vok201018a_65.jpg

「ここの住民の中に、通学列車と無縁の人はいないでしょう。私だって子供の時から通学列車で学校に通いました。今はこの列車の車掌になりました」

 

列車の走る時間は短いがその間、一生歌っても歌い切れない母なる労働党の恩情を胸熱く感じると車掌は言いました。

列車がシムリドン駅に着きました。

img_vok201018a_66.jpg
img_vok201018a_67.jpg
img_vok201018a_68.jpg
 

シムリドン高級中学校の校長キム・ギョンチョルさん。

img_vok201018a_69.jpg

「新学年が始まって始業式の日に教師と生徒みながびっくりしました。列車が変わったからです。道内の幹部たちが金正恩委員長の意図通り、何日も徹夜してこんなに立派に作ったことを後で知りました」

 

チャガン道内の通学生を取材しての800キロ。この取材はとても大事なことを教えてくれました(チャガン道トンシン郡*15)。国の最果てに響き渡る通学船と通学列車の汽笛。汽笛の響くところは違っていても、残すこだまはただ1つ「われら幸せ歌う」の歌声でした(チャガン道ランリム郡)。

img_vok201018a_70.jpg
img_vok201018a_71.jpg
img_vok201018a_72.jpg
img_vok201018a_73.jpg
 

友よ歌おう声を合わせ
楽しく晴れやかに
千里馬羽ばたく朝鮮
花もうつくしく
われらの父は金日成元帥
わが家は党の胸
われらはみな兄弟よ
歌おう幸せを
われらはみな兄弟よ
歌おう幸せを

img_vok201018a_74.jpg
img_vok201018a_75.jpg
img_vok201018a_76.jpg
img_vok201018a_77.jpg
img_vok201018a_78.jpg
img_vok201018a_79.jpg
img_vok201018a_80.jpg
img_vok201018a_81.jpg

(今日の朝鮮)

2020.10.18 サイト動画の字幕抜き書き
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 香山郡(향산군)
*2 熙川市(희천시)
*3 慈江道(자강도)
*4 松源郡(송원군)
*5 淵江高級中学校
*6 慈城郡(자성군)
*7 法洞里(법동리)
*8 狼林郡(랑림군)
*9 シンウォン労働者区、新院労働者区(신원로동자구)
*10 長城里(장성리)
*11 満浦市(만포시)
*12 南上里(남상리)
*13 鴨緑江(압록강)
*14 十里洞高級中学校
*15 東新郡(동신군)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-26 (月) 20:58:18