茸生産の工業化のために

ピョンヤンに、国家科学院の中央茸研究所があります。研究所は、チュチェ61(1972)年8月、設立されました。研究所には、研究室と実験室、栽培場、製品保管室など茸の研究に必要なもの全てが揃っています。実験室の無塵化が実現し、地熱暖房システムが導入されました。

分けても、基質発酵器を始め茸の研究と栽培に必要な実験器具と設備が揃っています。研究所では、茸生産の工業化のための科学技術上の諸問題を解決するのに力を入れています。

所長の博士リ・ソンヒさんのお話です。

「世界的にも、茸を工業的な方法で生産するのがトレンドですね。ご存知のように、茸工場を多く建設すると言って、工業化が実現するわけではありません。科学的に裏付けられてこその工業化、ですからね。研究所の科学者たちは、茸生産の工業化を科学技術にたよって実現しています。国中に茸生産のブームが起きている今、科学者にはすべきことがたくさんあります。金正恩元帥は、この研究所を現地指導して、その方法を一つ一つ明らかにしました」

チュチェ102(2013)年10月7日、新世紀にふさわしく一新した研究所を訪れた敬愛する金正恩元帥は、国の至る所に能力の大きい茸工場と栽培場が建てられている、茸生産の工業化、科学化を実現するためには科学研究を先行させなければならないと言いました。

そして、色々な食用と薬用の茸の栽培技術の研究を完成し、栽培に必要な種菌を充分に生産することと茸栽培場に対する科学技術の指導を正しくすることを始め茸生産の工業化の方法を詳しく教えました。人民の潤いのある生活のため茸生産にまで深い関心を向け、その方法を細やかに示す金正恩元帥の言葉を胸に、研究所の科学者たちは一層精を出しました。

科学技術の成果で国の茸生産の工業化をより高いレベルで実現しよう。人民に奉仕するということを自覚して研究に打ち込んだ結果、茸生産の工業化のための多くの先進科学技術の問題が解決され、実践で功を奏しています。国中の茸工場と栽培場で生産がぐんと上がり、人民の食生活を潤しています。

工業化の方法でコストを下げながら風味あり栄養価の高い茸を生産するため智恵と情熱の限りを尽くしている中央茸研究所の科学者たち。絶え間ない思索と探求で人民生活の向上に尽くすその献身的な努力によって、茸の栽培と生産の工業化はより高いレベルで進められています。

2014年の記事
 


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-15 (水) 18:38:25