禍を転じて福と成す

2020年は朝鮮人民にとって、実に苦難に満ちた闘いの連続、数限りない困難を乗り切らなければならない試練の年でした。長期にわたる過酷な制裁のためすべてが不足がちな中、非常防疫と共に酷い自然災害による被害の復旧という重大な挑戦と難関にぶつかりました。朝鮮人民は禍を転じて福と成し、勝利者の気概に富んでここまで進んで来ました。その力の源は何でしょう。

パンデミックの保健危機に対応する

ike201110022_021.jpg

2020年に入り、世界は悪夢に囚われました。新型コロナウイルスと言う悪性ウイルスへの対応のことで世界が悩んでいるとき、敬愛する最高指導者金正恩委員長の導きの下、朝鮮労働党と共和国政府は当初から最も信頼性のある対策、先制して決定的な防御対策を講じました。

 
  • チュチェ109(2020)年2月末、朝鮮労働党中央委員会政治局拡大会議
  • チュチェ109(2020)年4月11日、朝鮮労働党中央委員会政治局会議
  • チュチェ109(2020)年7月2日、朝鮮労働党中央委員会第7期第14回政治局拡大会議
  • チュチェ109(2020)年7月25日、朝鮮労働党中央委員会政治局緊急拡大会議
  • チュチェ109(2020)年8月13日、朝鮮労働党中央委員会第7期第16回政治局会議
  • チュチェ109(2020)年8月25日、朝鮮労働党中央委員会第7期第17回政治局拡大会議と朝鮮労働党中央委員会第7期第5回政務局会議
  • チュチェ109(2020)年9月29日、朝鮮労働党中央委員会第7期第18回政治局会議
  • チュチェ109(2020)年11月15日、朝鮮労働党中央委員会第7期第20回政治局拡大会議

金正恩委員長は、各会議を指導しながら超緊張、超強度の非常局面が重なる中でも、強力なしっかりした防疫措置を取るよう正しく導きました。そのエネルギッシュな指導と努力は、人民みなが進んで防疫の主体となって国家と自分自身を守り、子供たちを守るために奮起するようにしました。すべてが不足がちで立ち遅れた防疫部門が発奮しました。

廃墟の上に建てられた理想郷

かてて加えて、今年は、世界の至る所が暴雨と強風、台風と津波によって酷い被害を被りました。共和国も例外でなく、8月と9月に続けざまに来襲した台風によって大きな被害を受けました。その廃墟の上に今は社会主義の理想郷が建てられました。絵のような美しい町や村を見るたびに、金正恩委員長が首都ピョンヤンの労働党の党員たちに送った公開書簡が今も人々の胸を強く打っています。

ike201110022_013.jpg
ike201110022_015.jpg
ike201110022_010.jpg

金正恩委員長の公開書簡を受け止め、首都の党員師団が組織され、被災地に急派されました。首都の精鋭な党員師団の急派、単なる被害復旧のためではありませんでした。一石二鳥でなく一石多鳥と言う奇跡を生み出そうとの委員長の卓越した導きは、被災地の住民に幸福とピョンヤンの文明をもたらし、党と人民の血の通った関係は不可分のものにしっかり打ち固められました。被災地があらゆる古いものを取り払って社会主義の理想郷となり、助け導き合う集団主義の美風が国風となりました。朝鮮人民は一層強くなり、偉大な人民となりました。

千里でも万里でもついていく

ike201110022_009.jpg

「危機イコールチャンス」と言う言葉があります。といって誰にも危機がチャンスになるのではありません。しかも共和国が置かれた今年の逆境の中で、飛躍の活路を開くと言うのは誰にでも出来ることではありませんでした。禍を転じて福と成す抜きん出た先見の明と卓越したリーダーシップによって人民の運命を守り、幸せの千里、万里を開いて行く金正恩委員長がいて、朝鮮人民はいかなる困難も乗り切っています。

朝鮮労働党創立75周年記念閲兵式で、人民の大いなる信頼を守る道で、たとえ全身が引き裂かれ、粉々になろうとも、その信頼だけは命をささげてでも無条件に守り、その信頼にあくまで忠実であることをまたもや厳かに確約した金正恩委員長です。その導きにしたがって進む時、ひたすら勝利と栄光だけがあると言うゆるぎない信念が人民の心の中に脈打っています。忠誠の思いが歌となって響き渡っています。

 

たとえ天が崩れようと死んでも変わらない
元帥従う道だけ行くこの信念
千里でも万里でもとわに元帥についていきます
われらめざす未来誓いも一つにして

千里でも万里でもとわに元帥についていきます
われらめざす未来誓いも一つにして

(フィーチャー)

2020年の記事


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-12-31 (木) 18:41:41