盛んに行われている浅海養殖

共和国では水産資源を増やし、水産物を多く生産するための浅海養殖が盛んに行われています。イガイ、ホタテガイ、なまこ、あわび、うになどとわかめ、昆布が大々的に養殖されています。

浅海養殖は生育段階によって異なる海洋生態環境を求める海草と海の動物を混ぜて養殖する方法で行われています。上では昆布とわかめが養殖され、海底ではなまことうに、貝類などが養殖されています。そしてホタテガイの養殖場では海草を増殖させて汚染も防いでいます。

寒流と暖流が入れ替わる朝鮮東海岸では培養場で人工的に養殖した海の動植物を海に放流し、その増殖率を高めるのを基本にしています。生育段階に合う色々な飼料と添加剤を導入して、生存率を80ないし90パーセント以上高めながらもその生育期間を短縮しています。

その結果、毎年数百万匹の海の動物を育てて海に出しています。栄養分が豊かな朝鮮西海岸では浅海養殖場の面積を増やすことに力が入れられています。最近、プポ、オンジン、クミポなど主な浅海養殖事業所で数十ヘクタールの養殖場の面積が増え、毎日、平均数百トンの昆布を収穫しています。

そして海水の温度が上がるにつれ、間引きをそのつど行って毎日、ヘクタール当たりの収量を高めています。これと共に海草の養殖の周期が東海岸より短い海洋条件に合わせて海草の種類を増やすことにも力が入れられています。

海の汚染がない朝鮮東海岸と西海岸で生産される海の動物と海草は健康に良く、美味しいことで評判です。

浅海養殖が盛んに行われるにつれ、人民の食生活も日増しに向上するでしょう。

2014年の記事
 


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-27 (月) 17:22:51