生き甲斐を感じる

共和国で人民の夢と理想の実現は日々ごと、時間ごと早められています。

チュチェ102(2013)年9月、敬愛する最高指導者金正恩委員長が新築されたウンハ科学者通り*1を訪れたときのことです。すべてのことが遜色なく立派に築かれた住宅を見て金正恩委員長は始終、満面に明るい笑みをたたえていました。

委員長は科学者たちにもっとも素晴らしい生活条件を整えてあげるのは偉大な金日成主席と偉大な金正日総書記の遺志だとし、主席と総書記にこの通りを見ていただいたならどんなに喜んだことでしょう、と言いました。

労働党の恩情によって宮殿のような住宅を無償で与えられて喜ぶ科学者たちの幸せそうな姿に、生き甲斐を感じ、大きな喜びを見出す金正恩委員長でした。

これだけではありません。8月25日水産事業所で数日の間に数千トンの魚を取ったという話を聞いたときも金正恩委員長はあまりにも嬉しくて、冷たい雨もいとわず、事業所を訪ねました。陸揚げ場にいっぱいの魚を見て、委員長はこのような風景を「異彩魚景」と言います、こうした甲斐あって革命をするものですと言って、明るく笑いました。

育児院、愛育院の子供たちと老人ホーム、科学者休養所で幸せに満ちている人たちの姿を見て、働き甲斐があって、一瞬、胸いっぱいになる幸せを味わおうと、辛くても笑って闘いの中に生きるようです、と言いました。

人民の幸福と喜びに革命をする甲斐を感じ、もっとも大きな喜びを見出す金正恩委員長なのです。

(今日の朝鮮)

IKE180702029_003.jpg
IKE180702029_005.jpg
2018年の記事
 


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 銀河科学者通り(은하과학자거리)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-17 (金) 12:54:21