母親の幸せ

朝鮮の母親たちは誰もが子をたくさん生んで立派に育てるのに幸せを見出しています。カンウォン道*1ウォンサン市*2に住んでいるリ・ビョンヒさんも10人の子の母親です。

結婚してかわいい娘の姉妹を生んだあと、3番目に待ち望んでいた息子に恵まれたリさんでした。睦まじいリさん一家に一人、二人と子が増えるに連れ、笑いの声も一層高まりました。

リさんはとても幸せでした。家中が笑いさざめき、日一日と成長して行くわが子の存在はリさんにとって生き甲斐そのものであり、それでリさんはもっとたくさんの子を産みたいと思いました。

子が増えるにつれ、リさん一家への訪問客も増えました。医者や学校の先生、そして夫の勤め先の管理職の人たちなどなど。訪問客のみなは子たちの健康に関心を示し、生活で不便なところはないか細心の注意を払いました。

子沢山の家だということで自分の家族にそれほど気を使う人たちの訪問を受けるたびに、リさんは母親という呼び名の真の意味が分かるようでした。母親になるのはたやすいもの、しかし母親の本分をまっとうするのはとても難しいことで、一人の子を育てるにも五万工数の手数がかかるといいます。

リさんは子皆が、育ててくれた国のありがたさを知り、国のために誇らしく生きるよう導きました。手間隙かけて育てた子のうち4人が今、人民軍に服務しています。

チュチェ101(2012)年11月、リさんは第4回全国母親大会に参加して労働英雄称号を授かるという思いもがけない光栄に浴しました。子をたくさん産み、育てるのは一家の幸せとばかり思っていたリさんでしたが、国ではリさんを英雄的偉勲を立てた人に評価したのです。

毎年、母の日になると人民軍に入隊した息子、娘たちから労働英雄の称号を受けたリさんにお祝いの手紙が届きます。そのたびにリさんは母親としての喜びと誇りを胸いっぱいに感じるといいます。

子をたくさん産んで国の大黒柱に育てているリさんのような立派な母親たちが多くいて、共和国は強く、栄えているのです。

2016年の記事


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 江原道(강원도)
*2 元山市(원산시)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-11 (火) 17:23:52