母親の幸せ

朝鮮で11月16日は母の日です。 この日を迎え、数千数万の息子、娘を産んであんよを覚えさせ、親心で顧みた母親への尊敬の念あふれる歌が鳴り響きます。

うれしい時もつらい時も
いつも先に打ち明ける
あ、オモニ あなたの腕は
やさしくこの身抱きとめる

愛するわが子の祝福の中、朝鮮の母親たちが思うのは何でしょうか。それは幸せな生活を営めるようにしてくれたペクトゥ山の偉人たちへの感謝の念です。

社会科学院の金日成主席の革命活動歴史研究所の所長、博士、助教授キム・インスクさんのお話です。

「チュチェ50(1961)年11月16日、偉大な金日成主席の臨席の下、全国母親大会が盛大に開かれました。この日、主席は『子供の教育における母親の任務』という歴史的な演説を行い、子供の教育と社会主義建設に尽くしている国中の母親みなに朝鮮労働党中央委員会と共和国政府の名で感謝しました」

朝鮮の母親たちは1950年代初頭、アメリカと帝国主義連合勢力の侵略を退ける祖国解放戦争の時、家庭の安逸より国の運命を先に思い、夫と息子、娘たちをみな前線に行かせ、後方を守って勇敢に闘いました。

戦後の復興建設の時も困苦欠乏に耐えて身寄りのない子供たちを親心で育てた勤勉で心優しい母親たちでした。偉大な金日成主席はこのような朝鮮の女性たちに深い恩情を施しました。

大人になり年を重ねど
子供のように甘えたい

帝国主義者の押しつぶし策動で国が厳しい試練にさらされていた1990年代後半も偉大な金正日総書記は社会に女性を尊重する気風を確立し、母親と子供たちを国家的に保護し、その配慮が行き渡るよう細かく顧みました。

キム・インスクさんはこう続けます。

「母親たちが営んできた幸せな生活は、金日成主席と金正日総書記の崇高な願いをそのまま実現している敬愛する金正恩元帥によってさらに大きくなる一方です。金正恩元帥はチュチェ101(2012)年、ピョンヤンで開かれる第4回全国母親大会が子供たちを国の頼もしい息子、娘に育てている母親たちの誇りが漲る喜びいっぱいの大会になるよう計らいました。正に太陽の光と熱があって、万物があるように偉大な指導者がいて、朝鮮の母親たちの人生は輝いているのです」

その恩に報いようと今も朝鮮の母親たちは子をたくさん産んで、英雄に、模範労働者に、模範軍人に立派に育てています。

朝鮮の母親の幸せ、それは国の未来を立派に築いていく限りない誇りにあり、金日成主席と金正日総書記、金正恩元帥の温情のなかで花と咲いた幸せなのです。

2015年の記事

子供の教育における母親の任務(全国母親大会でおこなった演説)



TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-11 (火) 17:12:27