履物生産の国産化を目指して

今、共和国では敬愛する最高指導者金正恩委員長の指導の下に靴製造業が速いテンポで発展しています。

軽工業省の靴製造管理局キム・マンチョル課長のお話です。

「靴製造業の主体化、近代化は、敬愛する最高指導者金正恩委員長が深い関心を持っていることです。金正恩委員長は、軽工業部門では原料と資材の国産化に主眼を置いて経営戦略を正しく立てて生産を活性化し、一般消費財の多種化、多様化と品質向上で転機を迎えるべきだと言いました。発展する現実にふさわしく、履物のすべてを有名ブランドの製品につくるのがその意図なのです」

チュチェ107(2018)年12月、金正恩委員長がウォンサン革靴工場を訪れた時のことです。工場の製品を見た金正恩委員長は、最近、「全国履物展示会」でウォンサン革靴工場が1位になり、工場で出品された「メボンサン*1」ブランドの革靴が大変好評を博したとの話を聞いてとても嬉しかったと言いました。

ウォンサン革靴工場の変革は、金正恩委員長の指導を抜きにして考えられません。金正恩委員長がウォンサン革靴工場を初めて訪れたのは、チュチェ103(2014)年7月25日のことでした。この日、金正恩委員長は革靴の形と見栄え、重さに至るまで詳しく見聞きし、まだまだすべきことが多いと言って、靴製造の主体化について教えました。そして、革靴のブランドを「メボンサン」と名づけました。

ウォンサン革靴工場は、金正恩委員長の関心の中、短期間に姿を一新し、製品の国産化を実現しました。金正恩委員長は何度も工場を訪れ、工場の労働者の間で発揮されている自力自強の革命精神を高く評価し、良質の革靴を生産するよう励ましました。

金正恩委員長はチュチェ106(2017)年10月、増改築されたリュウォン・シューズ工場を訪れた時も、自分の力と技術で良質のおしゃれなシューズを生産していることを高く評価しました。当時、工場では主体化、近代化、科学化に励んで、国産化の割合を高めていました。

金正恩委員長は、大したものだ、運動靴の種類も多く、おしゃれで良質だ、われわれのものでつくったシューズを見ると本当に力が湧き、気持ちがいい、と言いました。自分の力と技術でつくったものを大切にし、高く評価するその言葉には、民族自尊の精神がそのまま脈打っていました。

この日、金正恩委員長は、工場に響く増産のうねりは必勝の信念と楽観に満ちて自力自強の偉大な原動力で富み栄える社会主義強国を建てていく朝鮮人民の力強い前進の歌のように聞こえると言いました。

今、各地の靴製造工場で生産される履物は人民の好評を博しています。

(今日の朝鮮)

IKE190212041_332.jpg
IKE190212041_333.jpg
IKE190212041_444.jpg
2019年の記事
 

ウォンサン革靴工場「メボンサン」ブランドの靴モデルとなった革靴工場一番関心を持ったのは元山革靴工場従業員の声人気製品になるまでは人民に良質の革靴を絶対的な基準(元山革靴工場)自ら測ってみた革靴の重さ物差しは人民の評価喜びの中、気を使ったこと
リュウォン・シューズ工場「リュウォン」ブランドのシューズに秘められた話ハイカラな工場運動靴は「リュウォン」運動靴専門工場―リュウォン・シューズ工場軽くなった運動靴技術学習に力を入れる基本として捉えるべきこと優れた製品を出す工場製品の多種化多様化に力を入れる太陽の光エネルギーを活用する訪朝客の目で見た朝鮮1好評を博している科学技術の重視と生産

 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 毎峰山

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-31 (日) 18:27:24