大規模な果物産地

ピョンヤンのウォンフン地区*1にあるテドンガン果樹総合農場*2は、朝鮮で指折りの大規模な果物産地のひとつです。チュチェ98(2009)年に造られました。敬愛する金正恩総書記が人民により多くの果物を食べさせようと労苦の限りを尽くしたので、ここ数年の間に農場は年々姿を一新し、産量を増やしています。金正恩総書記は数回に渡って農場を現地指導しました。

チュチェ103(2014)年6月、農場を訪れた金正恩総書記は、果樹畑の面積が凄い、産量を増やすためにはヘクタール当たりの果物の収穫高を絶えず上げるべきだと言いました。そして、果樹と畜産のサイクル生産システムを効果的に利用して地力を高め、果物生産の科学化、近代化、集約化を高い水準で実現することを教えました。

その翌年、農場が生まれて初めての果物の大豊作がもたらされました。8月の猛暑をものともせず、農場を訪れた総書記は、畑に入り、株当たりのりんごの数と一個当たりの重さを聞いてみて、枝もたわわに実がなった、素晴らしい、凄い、果物を与えられて喜ぶ人民のことを思うと気分がいい、見ただけで満腹したようだと嬉しそうに言いました。この日、総書記はヘクタール当たり50トンの果物を生産する目標を示し、具体的な方向付けをしました。

ちょうど一年後、総書記は再び農場を訪れました。昨年を凌ぐ豊作をもたらしたことを評価した総書記は、この勢いなら高く立てた果物生産の目標をいくらでも達成できると言いました。このように、金正恩総書記の精力的な導きによって屈指の青春果樹園、人民の果樹園に移り変わったテドンガン果樹総合農場です。

昨年、テドンガン果樹総合農場はりんごと梨の味を評価する大衆審査と果樹栽培部門の2020年の社会主義的競争で一位になりました。

果樹栽培で世界的な覇者になること、これがこの農場の目標です。

(今日の朝鮮)

ike210514007_222.jpg
ike210514007_003.jpg
ike210514007_001.jpg
ike210514007_002.jpg
2021.06.14の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 円興里(원흥리)
*2 大同江果樹総合農場

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-06-15 (火) 19:02:49