人民愛の歴史を伝える工場

風光明媚なピョンヤンのテドン川*1の辺に有名な生地生産工場の金正淑ピョンヤン紡織工場があります。長い歴史を持つ工場ですが、工場の沿革を見せる部屋に見る人の胸を熱くする写真があります。チュチェ42(1953)年11月、偉大な金日成主席が工場を訪れて残した写真です。

朝鮮戦争直後の工場は惨たらしい状態でした。あちこちに見られる爆弾の穴と瓦礫の山…戦争が終わって数日後、工場を訪れた金日成主席は、労働者たちに工場の復旧を熱く呼びかけました。

主席は、もう停戦だからこれから人民の着る問題を解決すべきだ、戦争のためぼろをまとった人民の服地を解決するのが最も重要な課題の一つだ、ピョンヤン紡織工場の復旧はとても緊急に提起される、と言いました。そして、アメリカを屈服させた勢いで取り組めば二ヶ月の間にゆうに工場を復旧できると労働者たちを励ましました。

資本家は金儲けのために働くが、私たちは人民のために働く、二ヶ月間で工場を復旧し、生産を始めてヤンキーどもに手痛い打撃を与えるべきだと言った主席の呼びかけは、工場の労働者の胸を強く打ちました。

その年の11月にまたもや工場を訪れた主席は、工場の労働者を大いに励ましました。廃墟の上に建てられた金正淑ピョンヤン紡織工場は、生産開始から半世紀以上の長い間、人民の着る問題解決の大役を担って来ました。偉大な金正日総書記は主席の足跡が残っている金正淑ピョンヤン紡織工場の発展のため労苦の限りを尽くしました。

チュチェ98(2009)年7月についでチュチェ100(2011)年5月にも工場を訪れた総書記は、人民の着る問題を解決するのは強盛国家建設で重要な位置を占めている、人民により良い服を着せるのが党の揺るぎない決心で意志だ、布の生産に力を入れて着る問題の解決に転機を開かなければと熱く言いました。

総書記のねんごろな遺訓は、敬愛する金正恩元帥によって現実となっています。金正恩元帥は工場を訪れるたびに人民に良質の服地といろいろな布地をより多く持たせようとし、工場の労働者に温情の限りを尽くし、工場の現代化も正しく導きました。

金正恩元帥の導きの下、日増しに発展する工場とともに主席と総書記の人民愛の歴史はいついつまでも続くでしょう。

2016年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 大同川(大同江、대동강)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-01 (土) 11:32:29