チルゴルねじりドーナツ

家でも店でも喜ばれるものがあります。

「チルゴルねじりドーナツ、本当に美味しい」
「チルゴルねじりドーナツが大好き」

子供や大人の皆が好むチルゴルねじりドーナツ

チルゴルねじりドーナツにまつわる話を聞かせてくれたピョンヤン製パン工場の技師のリ・ジョンスンさん、金正日総書記のような指導者は世界に又といないと感激の程を述べています。

「多年にわたって工場に勤めている食品専門家の私なんですが、ねじりドーナツの生産については一度も考えたことがありませんでした。唯、金正日総書記だけがある機会にねじりドーナツを味見して、人民に美味しく栄養価の高いねじりドーナツを食べさせようと心を砕いたのです」

金正日総書記はある宴会の席でねじりドーナツを味見しました。カリカリで香ばしく甘いねじりドーナツは実に珍味でした。子供や若者、勤労者の皆が好むように思えました。珍しいもの、良いものがあるとわが子のことを先に思うのが母の気持ちです。

人民のことを思う総書記の心が正にそうでした。総書記の思いはすぐさま決心になりました。関係者を呼んだ総書記は、ある国に行けばねじりドーナツ専門の有名な工場がありますが、一度行って見て、そこよりもっと美味しく、素晴らしものを作って見なさいと言いました。

関係者と技術者は人民のことを思う総書記の思い遣りを胸に、そのねじりドーナツ工場を見学しました。しかし見た目にはやさしそうでも、実際作るとなるとなかなか難しいものでした。ねじりドーナツ一つを作るにも技術的な難問が一つや二つではありませんでした。

そのことを知った総書記は、工場の技術者、研究者を信じます、必ず人民に美味しく栄養価の高いねじりドーナツを作ってあげましょう、と懇ろに言いました。そして難問題も解決し、研究者を大いに励ましました。

度重なる探究と努力の結果、遂にねじりドーナツの試製品が出来上がり、次いで工業化が実現しました。総書記の喜びは大変なものでした。人民に美味しいねじりドーナツを十分食べさせるようになったとの思い、人民が喜ぶだろうとの思いでとても嬉しかったのです。今直ぐ行って成功した研究者、技術者を褒め称えたい思いでした。

リ・ジョンスンさんの話です。

「2010年12月11日、ピョンヤン製パン工場を訪れてねじりドーナツ職場を観て回った総書記は、私の作業振りを見て身に余るお褒めの言葉をくださいました。その日、総書記は、女性工程技師が一ヶ月間の試験生産で良質のねじりドーナツを成功させました、ねじりドーナツがとても美味しいです、と満足の言葉を述べました。その瞬間、私は工業的にねじりドーナツを生産するため捧げた自身の労苦は後回しにして、普通の女性技術者の苦労をねぎらう総書記の恩情が有難くて有難くて、涙を抑え切れませんでした」

総書記は、ねじりドーナツの品名を「チルゴルねじりドーナツ」と付けました。その日からチルゴルねじりドーナツは、人民が好む食品として有名になったのです。

2012年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-05 (水) 12:30:26