ソクワン寺のケヤキ

ソクワン寺のケヤキは共和国のカンウォン道*1コサン郡*2のソルボン*3というところにあるソクワン寺の近くに育っています。祖先の優れた建築術を今に伝える貴い文化財です。初のものは1386年に建てられました。

ソクワン寺のケヤキは同じ年に植えられ、朝鮮に育つケヤキの内、一番古い木です。ケヤキはニレ科に属する落葉の広葉樹で樹皮は黒褐色で比較的すんなりとしています。葉は互生し、長い楕円形で、先が尖っています。雄花と雌花が同じ木に咲き、雄花は枝の下の方に1つ~3つずつ、雌花は枝の上の方に1つずつ咲きます。10月頃に黒い色で熟する果実は、片方がゆがんだ丸い形でその直径は2~3ミリです。

ソクワン寺のケヤキは学術の面だけでなく、風致作りにも一役買うので天然記念物に指定されています。

2014年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 江原道(강원도)
*2 高山郡(고산군)
*3 雪峯(제목)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-03 (月) 23:58:00