アメリカの海賊船「シャーマン」号を撃沈したピョンヤンの人々

ピョンヤンのテドン川の岸にはアメリカの海賊船「シャーマン」号を撃沈したことを今に伝える石碑があります。石碑は久しい前から朝鮮に対する侵略政策を追求したアメリカの犯罪的正体を世界に告発すると同時に外部勢力の侵略に反対し、民族の自主権と尊厳を守って勇敢に戦った朝鮮人民の不屈の気概を見せています。

海賊船「シャーマン」号が朝鮮に侵入したのは1866年8月のことでした。「シャーマン」号はアメリカ政府の朝鮮「開放」政策実行の斥候でした。この任務遂行のため「シャーマン」号は4門の大砲と数多くのライフル銃、短銃、刀、多量の砲弾と弾薬を積載し、大勢の兵力まで乗せていました。それこそ重武装した艦船でした。

「シャーマン」号は商船を装い、ピョンヤンを狙ってテドン川*1の上流に不法侵入しました。封建政府の官吏たちは直ちに引き揚げることを求めましたが、「誰が阻むのか、まっすぐにさかのぼって行く」と脅しながらテドン川に沿って引き続き入りました。朝鮮を侵略する野望をもっているのでアメリカ侵略者は強盗そのものの本性をさらに露骨にさらけ出しました。

陸地に上って婦女子を辱め、警戒勤務に当たっているピョンアン監営と言う官庁の軍人たちを殺害したばかりか、川の辺の住民地域に砲撃を加えて住民を虐殺し、ピョンヤンを攻めようとしました。厚顔無恥な侵略者、略奪者の野蛮行為にピョンヤンの人々は憤激しました。

外来侵略者との戦いで英知と勇猛をはせてきたピョンヤンの人々は大洋向こうの強盗集団を懲罰するために奮い立ちました。この戦いの先頭には偉大な金日成主席の曾祖父であるキム・ウンウ先生が立っていました。

キム・ウンウ先生の呼びかけに答えてピョンヤンの人々と軍人たちは銃と弓など手段と方法を選ばず、侵略者に猛攻撃を加える一方、「火攻めの戦術」で侵略者を掃滅する準備を急ぎました。猛烈な攻撃に耐えられなくなった侵略者は逃げ始めましたが、船が早瀬に入って抜け出ることが出来ませんでした。

キム・ウンウ先生の指導によって組織された決死隊の隊員たちはこの機会を逃さず、何隻もつなぎ合わせた小船に薪をいっぱい載せて硫黄まで撒き散らし、それに火をつけて川の上流から「シャーマン」号めがけて流しました。この火攻めの戦術により海賊船もろとも侵略者はテドン川に水葬されました。

「シャーマン」号の撃沈は他の国に忍び込んで侵略と略奪に躍起になったものらに加えられた当然の懲罰でした。

2013年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 大同川(大同江、대동강)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-09 (木) 19:58:54