「朝鮮の国酒」を定めて

朝鮮を象徴する物の中に国酒、つまり国を代表する酒もあります。朝鮮の国酒はピョンヤン焼酎です。ピョンヤン焼酎は世界的なハイクラスの質的指標を持っており、清く口に優しく、後味がよくさわやかなことで朝鮮人民の好みに合います。

ピョンヤン焼酎は、第25回全国科学技術祭典で1等に輝き、その後、特許権を受けました。そして、共和国で初めて食品安全管理システムの品質認証をうけ、国内最優秀製品に授ける12月15日品質メダルも授かりました。ピョンヤン焼酎はテドンガン食品工場で生産されています。

偉大な金正日総書記は、チュチェ98(2009)年、新築されたこの工場を訪れて生産状況も見聞きし、酒の味も見て、本当に味がよい、25パーセントはピョンヤン焼酎、30パーセントと40パーセントはピョンヤン酒と名を付けてくれました。そして、ラベルに「朝鮮銘酒」という赤い判を押すようにしました。その後、総書記は、銘酒について、一部の人が飲む酒ではなく人々に広く知られてこそ本当の銘酒だと、銘酒は人誰もが飲めるよう値段を安くするようにと言いました。

敬愛する最高指導者金正恩委員長は、ピョンヤン焼酎について数回にわたって把握し、その味も評価しました。チュチェ104(2015)年6月にもピョンヤン焼酎に触れ、朝鮮での国酒は多くの人たちがいつも好むものでなければならない、朝鮮で生産される大衆向けの酒は、ピョンヤン焼酎しかないと言いました。そして、ピョンヤン焼酎を朝鮮の国酒と命名しました。

テドンガン食品工場の主任技師、博士チェ・ヒョンシルさんのお話です。

「普通国酒と言いますと、古い歴史と文化、伝統を誇り、コストが高く、包装も豪華で値段もずば抜けて高い酒のことを言います。それで、世界的に国酒といえば、富裕な特権階層の所有になっています。私たち生産者も国酒というと、アルコール分が高く、その国の特産が混じった高級な酒だとだけ考えてきました」

このように、人民が好むピョンヤン焼酎は朝鮮の国酒になりました。

(今日の朝鮮)

IKE190311031_001.jpg
2019年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-01 (水) 13:53:23